嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武

奴の軍が通ったあとを見てみたかい? 奴にとって戦いは地ならしだ!
真ったいらにしてその上に天下をおっ立てようってんだ (劉備)
— 『蒼天航路』 その八十八 より

天下の人心を意に介することもなく 天意にそむくことをも恐れない
なんと恐ろしい器であろうか! (程昱)
— 『蒼天航路』その八十六 より

この恐るべき速度と破壊力 この軍は必ずや中天に届くだろう
今おそらくこの軍が一番強い (諸葛亮)
— 同上 より

あれは美しすぎて戦ではない (諸葛亮/徐庶)
— 『蒼天航路』その百八十九 より



やっとで、ホントにやっとのやっとで始まりましたね、
乃木坂46の琴子こと佐々木琴子ちゃんの快進撃が。
おそらくは「48G」勢のファン層、およびモデル/女優のファン層からも
そしてもちろん「一般」の様々なTV視聴者層からも
「あのコは誰!?」「なんかスゴいぞ、このコ!」と、
三々五々に続々と発見の喜びと熱狂の声があがるでしょう。
乃木坂46全体でも最大級の奥の手といえるこの臥龍が昇龍となるのも、もはや時間の問題です。



それは放っといても止まりはしないし、順当に波及的に大きくなっていく流れなので
ボク個人としては屋上屋を重ねる必要を感じませんが、
ここでは「アンチ」の機先を制し、アンチ候補者をもファンに変えてゆくべく
佐々木琴子の上昇曲線は「運営の推し」なぞというつまらぬものに依拠したものではない、
むしろ他メンバーとファンの自然発生的で同時多発的な「推し」が運営をも動かしたのだ、
ということを、「振り返り」を兼ねて語っておきませう。



「現場主義」のごく一部のコアなヲタの方々にとってを除けば、
琴子のメジャー舞台への初登場は13/05/19の
『乃木坂って、どこ?』第84回「ついに決定!二期生メンバー登場」ででしたが、
既に琴子は現在にまで連なるその独特の魅力 —
そっけないくらいに飾らず気取らず
オコチャマ的にかしこまるあまり芸能界デフォルトお約束を解さず
大マジメに本心を語ろうとするだけでファニーで頑ななおもろかわいさを発揮してしまう、という
プログレッシヴな魅力を垣間見せています —

特技:どこでも寝られること —
設楽氏「どこでも、ですよ?びちょびちょのとこでも...?」
琴子「それは ー なんか敷けば 寝れます」

佐々木琴子メモ:絵を描くのが好き —
設楽氏「なんか描いて、ってったらすぐ描けんの?」
琴子「描けないです」
日村氏「描けないんだ 謎だな、その発言」
琴子「思うままに 自由に 描くのが好きです」
日村氏「うんうん 何描くの どういうの描くの?」
琴子「線とか ー」
日村氏「線? 何言ってんの?」

Q&Aを通じてのツッコミ・イジりによってそのコの個性・魅力を引き出さんとするバナナマン両氏に
琴子はびっくりするくらい身も蓋もない答えを返して笑いを呼びます。
「何言ってんの?」と言われた際の
「ええっ!?わたしそんなに変なこと言ってるかな?」といわんばかりに
大和撫子ちっくに、目を見開いて左手を口許にやり少したじろぐ姿がまた素敵です。
"いやw そりゃなんか敷けば誰だって!"
"いやw 抽象画って言いなさいな。わかみたいに「具象画でなく抽象画」って!" と
観るわれわれは、この佐々木琴子というひかえめ不思議少女の
埼玉の中学3年生ゆえの世慣れなさと、にもかかわらずの芯の強そうな個性派っぷりを
ツッコミという名の愛を心中で放ちつつ、心に刻みつけたのでした。



その放映の次の週、文化放送ラジオ番組『乃木坂46の「の」』の13/05/26放送の第8回では
MCの若月佑美、ゲストの秋元真夏・桜井玲香の "女子校カルテット" の内3人により
琴子の知られざる驚くべき行動力・人柄が
実に女子校出身メンバーらしいおしゃべりによって披露されています —
若月「(『16人のプリンシパル deux』の)その帰り際に、わたしのところにすごい勢いで来て —
  『あのぅ!推しメンです!』って言われて —」
秋元・桜井「え〜〜〜!?」
若月「そう、すごい、嬉しい、の。『琴子っていいます。推しメンです』って言われて —」
(中略)
  「きっと、でもね、それはね、なんでね、そうなったかっていうとね —」
  「いや、わたしの勝手な推測ですよ? 」
  「プリンシパルで、男役をやってた日だったの、その日、たしか。それ観てとか?」
秋元「あ〜〜」桜井「あ、そういう感じ?」
若月「中田的な?」 秋元「かっこいいもんなー」
桜井「そっち?w そっち、これ...w」
若月「あ、ちがうかな、わかんない」
秋元「でも、いる気もするな、そういうコも...」
3人のお姉さんメンバーたちは自分のことを棚に上げて
すっかり琴子を「中田(花奈)的な」「そういうコ」扱いしちゃっていますが(笑)、
ここで特筆すべきは
この頃が2期生としてのおおやけへの「初お披露目」で
まだ1期生ともほとんど絡みのない時期にあった琴子が
若月の『プリンシパル deux』での男役の凛々しさにガツンと魅了され
シャイネスもハードルの高さも乗り越えて若月先輩にリスペクトの想いを伝えずにはいられなかった、
そしてその唐突なまでにストレートでなりふり構わぬ一心さにわかも心打たれる嬉しさを感じた、
ということでしょう。
映像メディアに現れる琴子は、よくクネクネフニャフニャして見えるのですが
対照的に心の芯には熱く一本気な強い何かが潜んでいることが
予告編的に表された好エピソードだったと、後付けながら思えてきます。



このブログ、長い。確信をもった。スクロールしてびっくり(Ⓒ齋藤飛鳥)
佐々木琴子ちゃんの巨大な愛し愛されの器を語ろうと思ったら
ほんのさわり程度のイントロでここまで長くなっちゃいました。
「戦い」「武」「天意」とかの煽り文句にも触れず終いでしたが
まだまだ長くなりそうなのでまたまた次回以降に続く、です。
いや、"もしかしたら"と"かも"のダブルで曖昧に書いとくべきですね〜 これ重要だよ〜



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)