いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか

※前註
まだ今回の卒業ショックから立ち直れずにいる真っ最中ですが
次週『乃木坂って、どこ?』第152回の「乃木坂『画』王決定戦!」に先駆けて
急遽、書きかけだったシリーズ・エントリのパート1を放っておきます。

その前に、今の内に、「手遅れ」にならない内に素早くメッセージをひとつ放っておけば —
好きならば好きだと、言うだけでなくしっかり書いて、天下に広めましょう!
匿名掲示板や140字未満の、署名性のない、読むに足りない文が読まれるのは
「仲間内」の間だけですよ?
「薄い」から「濃い」の、「一般世間」の、せめて100万人に支持されなければ
乃木坂46メンバーのこうした涙はこれからももっと流されるでしょう。
本当にあなたが「泣いた」のならブログのひとつくらい今日にでも始められるはずです。
「ちょっと興味を抱いて検索した」程度の人を、あなたのブログが「ファン」にしていくのです。

ほころびを繕い 傷口をおさえ 寒さと痛みに耐え
慟哭をこらえて 鍛え上げられるものが人の義心! (龐悳)
—『蒼天航路』その三百二十八 より


-----------------キリトリ-----------------------------------------------


I push my paintbrush to conjure a new world while this one is slowly washed away.
— XTC "Ballet For A Rainy Day" より


乃木坂46のインテリジェント/ノーブル感イメージを下支えする要素のひとつに
数名のお絵描キストがその実力と素養をメディア上の端々で見せているということがあります。
もっとも分かりやすく、「見ず知らずの一般の人」にも伝わりやすい例としては
わか(若月佑美)の二科展3年連続入賞、
ななみん(橋本奈々未)の美大中退、
まりっか(伊藤万理華)の芸術大学進学、
がありますが、「公的な基準」にのみ重きを置くことを良しとしない人なら
なーちゃん(西野七瀬)の「どいやさん」のキデイランドによるキャラクター商品化、
まいまい(深川麻衣)の美術系高校でのデザイン専攻、
もまた欠かせぬリストアップ要素に挙げるでしょう。
エントリ76 で述べたように
ボクは排除の論理としての「お嬢様」ウンヌンの言説を嫌う者でもありますが、
人として人のノーブル感/センシティヴ感/インテリジェント感に敬意/尊重を払う
自然な人間感情の一端として「お嬢様性」を賛美するのならそれはもっともなことであり
その点においてこそ乃木坂に「お嬢様女子校性」がある、とはもちろん思います。



面白いのは、このお絵描キスト五人衆が
それぞれに異なるドライヴ/モチヴェーションから絵に向かい
それぞれに異なる目的意識・志向・歓びを絵を描くことに見出している、ということです。
その内、ボク的な解釈の下では
わか&まりっかに近親性があり、なーちゃん&まいまいに近親性があり
そしてやはりななみんにはストレンジでビザールな独特の指向性が感じられます。



もったいぶらずにななみんから。
ななみんは意外っちゃあ意外、当然っちゃあ当然なことに
「絵を描くことそれ自体」には特段の愛着やこだわりを持っていず
絵を描くこと/能力をひとつの「ツール」として捉えているフシがあります。
ななみんの場合、そのツールを使って
頭の中、論理的思考、人間社会への知識・理解・解釈・理想から生まれた
「あるべき何か」「あるべき世界」「ストーリー」を具体的に現出せしめることにこそ
その目的意識・志向があるのでは、と思われるのです。
彼女自身の過去の言にある「インテリア・デザイン」「空間デザイン」は畢竟
「人間のより快適で潤いある生活・時間・精神状態」を生みだす学であるのですから、
それに要する絵自体の「上手さ」「独自性」などは二の次で
どんな人間理解/コンセプトがそこに含まれ、また含まれるべきなのか、こそが
ななみんの真の関心事・目的意識の在り処である、と言えると思うのです。
ななみんの絵といえば、その名も高きカンガルーの絵、漫画風の頬骨の立った人物画、
クールな質感の写実的な夢の中のホテル室内の絵などがありますが、 ※1
カンガルー:かわいらしい動物としての哺乳類描写には興味がない
人物画:かわいらしく描くことでなくストーリー性/伝達性に重きを置いている
ホテル室内の絵:完全に写実性/伝達性に重きが置かれている
と考えると
その上手いのか「画伯」なのか分からない両極性の説明がつくとも言えるのです。
何であれ「絵」を発表する時のななみんは
照れくさそうな謙遜・苦笑の表情を浮かべていることが多いのですが、
それは逆から見れば
「この絵自体は別にそれ自体どうってほどではないんですよ?」と言ってるようでもあります。
その一例として、『乃木坂って、どこ?』第71回の2月生誕祭時の小5時の「西っ子賞」作品に
「パースがおかしいよなあ、でもこの頃は頑張って描いてたよなあ」とばかりに
面映さと苦笑と感傷の入り混じるような複雑な表情を見せていたのが感慨深いところでした。
ともあれ、ななみんが絵を使ってやることというのは
理想の世界の設計図/青写真のパーツパーツ、その覚え書きメモ であるか
絵を使ったストーリー作品 — 典型的には漫画やひとこまイラスト である
とするのが順当な気がします。
周知のようにななみんの才は
口頭/文章にかかわらず「言葉」の面でこそ最大限に発揮されるものであり、
人によっては「なんてもったいないことを!」と言われそうな美大の自主退学も
ななみんの自分の可能性の探求途上にあっては自然で必要なことのひとつ、であったのでしょう。



言葉と絵を使ってのアートといえば、典型的には漫画というフォーマットが浮かびますね。
また動画作品(映画・ドラマ・アニメ・MV)の脚本&絵コンテ、なんかも。
わか、まりっか、ななみん等で連名コラボで造る動画!なんて企画が持ち上がったら
これほどご当人たちにもファンにも嬉しく甲斐のあるものはないでしょう。
そういうことの実現もそう遠くないはずとボクなんかは期待しています。
でなくともそもそも、ななみんの言葉の才は既にこの世界を一部ながらでも変えつつありますし、ね。



イヤな予感は最初からしていたのですが、
ひとりあたまに割くべき紙面が予想以上に大きいので、次回以降に続けるといたしませう。



※1 参照
カンガルーの絵:『乃木坂って、どこ?』第5回「メンバー33名にアイドル適性テストを実施!!」
漫画風の頬骨の立った人物画:『どこ』第103回「4コマイラストで映画をオススメしよう 」
また、乃木坂46『【第5部】乃木坂46の1stライブDVDを乃木坂メンバーと一緒に観よう!』
動画内03:46地点、イラスト「生駒がショートでキラキラ度10倍増」なども
夢の中のホテル室内の絵:『どこ』第118回「乃木坂46 初夢グランプリ」



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)