あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない

いきますよ〜?生ドルびーむ!かなりんえんじぇるウィーング!さゆりんごパ〜ンチ!
先にあることや今考えてもどうしようもないことは、もういい!
ちっちゃいことは気にするな、それ、ワカツキワカツキー、ヨネトクヨネトクー、
ポジティブポジティブー!



10thシングル選抜発表関連エントリの途中ですが予定を変更しまして
生ドルこと生$ことニコニコ生放送『生のアイドルが好き』第17回への応援エントリ、
急遽放っておきませう。
ツアー真っ最中の現在、8/24の宮城2公演、8/26の愛知2公演の間を縫ってまでの
8/25(月)17時〜 というスケジュールは青天の霹靂でしたが、  ※1
かなりん(中田花奈)&さゆりん(松村沙友理)のハード・ワークに報いるためにも
乃木坂ファンは諸人こぞりて『生ドル』をできる限りリアルタイムで観るのです!
「でも、1推し2推し3推しはかなりんでもさゆりんでもないし...」とか言っちゃってると
大損ぶっこきますよ?
「『17:00からは乃木坂46 1周年記念ライブをダイジェストで配信』か。
 じゃあ17:45の本編スタートからでいいな」とか余裕ぶっこいてても同罪です。 
ここでは「そこまで言うならちょっくら騙されたと思って観てやらあ」という改心を引き出すためにも
前回第16回の主要トピックをご紹介しておきましょう。



エントリ60でも軽く説明してますが、
『生ドル』の美点は「成功しようが失敗しようがどっちみち成功している」という無敵さにあります。
つまりは、面白くなくなりようがない、したがって常に面白い、ということです。
かなりん&さゆりんだけでMCを務めるため、また編集なしの生放送出たとこ勝負であるため
『生ドル』では待ち時間やグダグダや脱線や雑談や「事故」も含めて
1分1秒が乃木坂流パフォーマンス、乃木坂流クオリティで目の前全部を支配しているのです。



かてて加えて第16回では
冒頭に9thのMVを30分間流し続けねばならないというプロモーション上の必然によるビハインドを
かなりん&さゆりんの生コメント&ワイプ出演により「埋め合わせ」以上のプラスと化すという
乃木坂流の大徳がもたらすその場限りのお宝アワーが見られました。
殊に、「お」とか「う」とか「へっ」とかのイミフな文字、
「してない」「えび」などの短文を指2本で打つさゆりんに対して
「さゆりん単語ばっかり」「4文字以上打てますか?」
「さゆりん、普段キーボード打ってないの?(自コメ)」等のリスナーのツッコミに
「打てるわなめたらあかん」と返してくれたのには爆笑&感激でした。
また
大好きだという「ここにいる理由」のフリをMVに合わせてワイプ内で披露してくれるかなりんも
ここニコニコ生放送、『生ドル』という場のフリーさ、フレクシブルさゆえの見所でした。
そう、「本編は20時スタート/17:45スタートだから」とか言ってると大損ぶっこいてしまうのです。
※2



「夏休みだからちょっと長めにやっちゃおうスペシャル」と題されたこの回では
ゲストが豪華に5組、本編も盛り上がりのままに押して2時間20分を超えたのですが、
ドルヲタでもないボクにも特別楽しく興味深かったのは
・Girls Beat!!の加護亜依ちゃん(元モー娘。)に話の途中から「あいぼんさん」呼びで
昔からのヲタっぷりを突然開陳するかなりん。
全国大会1位の実績を持つ喜多麗美ちゃんとバトン・トワリングの通ネタで盛り上がるかなりん
・Super☆Girlsの宮崎理奈ちゃんの「カジキマグロ」の一言から一気にエンジンがかかり
好きな/嫌いなお弁当トークでリスナー置いてきぼりで盛り上がりまくる乃木坂&スパガ。
「さゆりんごのおさわり占い」のあまりの当たりっぷりに
「Twitter見た?」「ブログ見た?」とリスナーに事前カンニングを疑われるさゆりん
・アイドリング!!! の物怖じしないはっちゃけ15才:古橋舞悠ちゃんと
"どこでもうるさいくらい喋りすぎで注意される" で共感するさゆりん
・Dorothy Little Happyのお三方とイミフなお芝居をグダグダのアドリブで展開するシーン。
ドロ坂46の名の下にセンターで「ガールズルール」マジ歌をカマしてしまうるうざえもん(RUUNA)
・露出度の多い衣装のアフィリア・サーガのお二人にいつもの「おさわり占い」を仕掛けるも
「ガチ」っぽさが勝ってしまっていつものシャレの「てい」を通せず躊躇してしまってるさゆりん。
そしてみんながコーナー終りで何となく「やり過ぎちゃったかなー」とお通夜みたいな雰囲気に
— 等々、等々、等々、ほか多数の名シーン。
ボケとツッコミ、イジりとイジられ、出とウケが瞬間瞬間に交錯し、いかなる「事故」も怖れない
『乃木どこ』とも『乃木ここ』とも『のぎ天』とも異なり、しかも乃木坂流で通底する
ワン&オンリーのいつもの、そして回を重ねるごとに密度を高めるクオリティでした



さあ、いくらなんでももうお分かりでしょう。
かなりんが、さゆりんが、あなたの何推しであるかは関係ないのです!
乃木坂を愛する人ならば誰にも伝わる楽しさをポジティブポジティブーで受けとめるのです!
のみならずインタラクティヴ性を活かすべくリアルタイム参加するのです!
前回42906の来場者数・71481のコメント数をいつでもザラに超えるよう
ドワンゴ/ニコ生 - 乃木坂46のウィン・ウィン関係を強化していけば
"ニコニコ生放送で『生ドル』と並んで『乃木けん』が再スタート!"なんてことだってあるでしょう。
『生ドル』もまた乃木坂46多面展開ゲリラ戦の重要な尖兵であり
みんなでポジティブポジティブ言って盛り上がるファン側からのお礼と応援の機会でもあるのです。
殊に今回のゲストでは風男塾が、かなりんさゆりんの狂乱を喚起しそうですし、ね。


※1
乃木坂46がMCのアイドル番組「生のアイドルが好き」【ゲスト:バクステ外神田一丁目/風男塾/つりビット】 - 2014/08/25 17:00開始 - ニコニコ生放送
乃木坂46公式サイトより告知が早い番組公式広報ツイッター・アカウントはこちら
生のアイドルが好き @namaidol

※2
スカパー!チャンネル『Pigoo』での編集再放映版では
こうしたサイレントお遊びイントロ時間は流されません。
また長尺スペシャルになるほど本編のシーンも適宜カットされます。



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)