音がした 乃木坂ちゃんの器の音

音がした
天下に思いを巡らせた後
奥深い所でどしりと落ち着く重い音
劉 玄徳の器の音
この音を曹操の巨大な風に乗せて轟かせたい!
まずはこの蜀! さらに策を! さらに前へ!  (龐統)
—『蒼天航路』 その三百二十七 より



いやあ、良かったですねー、10th選抜発表回。
14/08/03(正確には08/04)の『乃木坂って、どこ?』第145回:
「10thシングル 選抜メンバー大発表!」は
「こんなこともしかしたら初めてでは?」というくらいに
順当で、気分を悪くさせるムチャ出もなく、ポジティヴな可能性にだけ期待が膨らむ
正常進化・通常運行の選抜発表となったと感じます。
とりわけ「良かった」のは
乃木坂ちゃんたちがもう、何物も怖れないと言えるくらいの強さを身につけ
そのおかげで選抜発表が単なる「開会式」程度のものになった
と感じられたところです。
大事なのはこれから始まる「競技・試合」—
そのシングル期の間に為される乃木坂46の全活動の内容であり、
発表は発表、それ以上のものではない、
小説で謂えば「第一部」とか「第一章」とか印字してあるだけの1ページにすぎないものと
なったのです。
インデックス・見出しなんか内容・コンテンツ・プロダクト・クオリティとは関係ないですからね。



好きも嫌いもどっちでもないも合わせて
乃木坂ファン全体が固唾を飲んで見守っていた、
そして「そうでなければぬっ殺す!」くらいの勢いで待ち望んでいたのは
もちろんちーちゃん(斎藤ちはる)の初選抜入りでした。
予定され約束され「単に時間の問題」なイシューであったにしても
未曾有の波乱含みの今の時期にあっては「わりぃ、今回だけ泣いといて」みたいなことを
切羽詰まり・背水の陣・正念場を言い訳にして
「運営」はやりかねないなぁ、やだなぁ、怖いなぁ、と一抹の不安はあったわけです。
めでたく、運営だってそこまで愚かでも鬼でもないってことが証明されたわけですし、
ウェイヴィー・ロングの女優さん顔オトナ美人と化した
そしてまだまだ知られざるお笑い体質の持ち主であるというちーちゃんの
ポテンシャルが目一杯「選抜」の場で活かされるのを楽しみにしましょう。



今回、形式的・機械的な見方をすれば、「上位」メンバーで「下がった」「落ちた」のは
なーちゃん(西野七瀬)ななみん(橋本奈々未)さゆりん(松村沙友理)わか(若月佑美)
と言うこともできます。     
また「上がれなかった」も含めれば
まいやん(白石麻衣)まいまい(深川麻衣)れかたん(桜井玲香)真夏さん(秋元真夏)
生駒ちゃん(生駒里奈)を数えてもいいでしょう。  ※1
ところが、この「下がった」「上がれなかった」メンバーたちは
下げられた/上がれなかった/悔しい/残念だ、みたいなことを言っていません。
(強いて挙げればわかの例がありますが、それは別エントリで)
彼女たちが言ったのはほとんどが
・これから乃木坂をどう進めていこうか
・そのために今、何を自分は考えるか
ということでした。
松村「みんなでポジティブポジティブ言って で、ファンのみなさんもポジティブにできるように
   どんどん 前向きにがんばりたいと思います」
桜井「乃木坂を またさらに こう、加速して いい方向に進めていけるように
   このシングルではがんばりたいなって改めて 思っています」
秋元「わたし乃木坂がほんとに大好きなんで 引っ張っていけるくらいの存在になるように
   もっと成長してがんばりたいと思います」
白石「乃木坂ももう3年めですし ほんとに 大事な時期だなっていうのはすごく感じるので
   個人的にもそうですし 全体も なんかもっと 幅が広がっていけたらいいなと思います」
  「わたしも橋本といっしょで 『や、変わるな?』と思いました」
こうした言に見られるのは
"自分がトップを獲る、自分が前列に立つ、とかはもはやどうでもいい。
それをやると乃木坂46がどう見え、人々がどう動くか、
その結果として乃木坂46がどこでどう上がっていくかこそ大事"
という巨視的視点です。
敢えて自慢げに言うならば、ボクは
エントリ44 エントリ45 エントリ64 で、ずっと一貫して
そういう乃木坂ちゃんであってほしい、そういう乃木坂ちゃんでこそ天下に相応しい
という趣旨のことを語ってきました。
じわじわと端々では見えていたそういう「熟し」が
いよいよもって「選抜発表回」でも安心の、かつ清新な形で表れるようになったと見ていいでしょう。
もう彼女たちの気持ちは
乃木坂内序列/乃木坂内レース/乃木坂内ストーリーから脱却できているのでしょう。
「乃木坂を上げたい」「乃木坂はまだまだ序の口だ」「乃木坂はこんなもんじゃないよ」—
それぞれに異なる志向・ヴィジョン・活動形態・得手不得手を持つ各メンバーが
それぞれの在り方・考え方のまま、強制も折伏も多数決も不要な形で自然体で
「乃木坂を上げたい」1点に集束する「快活で自由な幅のある合意」に達した、と感じられるのです。
異なるルートで頂上を目指して登山してたら、見えてきた頂上はやはり同じだった、みたいな。
われわれファンが期待する以上に、乃木坂メンバーの人間力は高く、その絆も堅いのですよね。



こうなったからにはもう、乃木坂は無敵ですよ。
その無敵っぷりは、ここでは採りあげなかった他の選抜メンバー、セカンド・ライン・メンバー、
研究生の、続いて更新されていったブログ記事でも明らかです。
多くのメンバーの物言いが
"「上がれ」なくてごめんね、わたし推しのみなさん。
でも、わたしは燃えてわくわくしてますよ。やることがあるから!"
という方向性からのポジティヴな意識で共通しています。
そして、8th、9th時代からもう1歩進んだな、という点としては
" 信じてるし、信じられてる。それは分かるし、感謝してる。
でも序列に拘るのはやめて、今わたしのやってることそのものを見てほしい"
という方向の、お願い・要請・示唆・決意表明の部分が出てるとこですね。
「メディア選抜」と「アンダー・チーム」と各々のソロ仕事はもう同等・同列だし、
全部合わせて「乃木坂46の活動」なのだ、という自信と誇りと熱意の表れでしょう。



覇業は人の心と同じだ
"残り"というものがない
戦に勝つ度にやらねばならぬ事にやりたい事が加わり
心はどんどん自由に なってゆくぞ  (曹操)
—『蒼天航路』 その百八十七 より



それだけに... 何と言ったらいいでしょうね?
「運営」側へ、外部クリエイター側/プロダクトへ、マネージメント側への
乃木坂ちゃんたちの要求・意向・リクエストはますます大きくますます精密になっていき
ひとりひとりが自分の修練・タスクをこなすのみならず
セルフ・プロデュースをし、さらにはクリエイティヴ面にまで大きく絡んでいきそうな気がします。
10thは何か、かなりスゴい、そして新しいものが見られる期待大ですし、
晴れて「兼任期間」が終わっての、思いっきりな11thでその真価はフルに発揮されるでしょう。
興味深いことに、乃木坂ちゃんたちと運営は「この辺正念場だぞ!」という点では
利害も認識も一致してるフシがあって...
いや、話が拡がりすぎるので、この辺はまた別に。



ここから先はナナミストとしての正直な思いを書きます —
と続けるつもりでしたが、
結局は軽く20行を超え、それでもまだ十分ではなくなったので次エントリで。
ワカツキスト、イコマー、サユリンガーの方々もどうぞよろしゅうやばしゅうに。



※1
ボク的には2列め3列めのセンター、中右中左、右端左端には
序列的な区別のつけようがないと考えています。
歌割り、立ち位置、移動フォーメーション、カメラに映りやすい/にくい、で
有意な大差がないからです。



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)