こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた

長い 長い道程でございました (趙雲)
— 『蒼天航路』 その二百三十八 より



いや、エントリのタイトルはもちろん、単にかずみん(高山一実)オマージュなんですが。
別に内情バナシなんて書いてはありませんが。
それにしても、まさに言い得て妙、先見の目!
乃木坂46の9th共通カップリング曲「何もできずにそばにいる」は、
タイトルを聞くだけで「それは実に乃木坂らしい!」と思わせ
フタを開けてみれば予想以上に乃木坂色で、
しかも世間一般にも通用する普遍性を併せ持つ極上ソングでありました。
"乃木坂46を代表する名曲といえば「君の名は希望」" —
その言説に新たに但し書きが加わりましたね。



何もできずにそばにいる —
乃木坂ファンであればそう聞いただけでもう
まいまい(深川麻衣)、さゆりん(松村沙友理)、生駒ちゃん(生駒里奈)、
ななみん(橋本奈々未)、わか(若月佑美)、れかたん(桜井玲香)、真夏さん(秋元真夏)等々の
各エピソードや推し量れる心性やが思い浮かぶわけです。
そしてそれ以上に、個々の具体的な話がどうこうというより重要な
乃木坂メンバー全体にわたる優しさの質、寄り添いの形が想起されるんですね。
いずれの形でも「わたしはわたし」を強く持つ乃木坂ちゃんたちは、
逆にそれゆえ人にどうしろこうしろを居丈高に説くことを良しとせず
ただ見守り、さり気なく寄り添い話に耳を傾け
そ〜っと背中に手を添えるように助けや慰めや励ましをそれとなく差し出す —
そういう姿を見知っているだけに乃木坂ファンは早々と傑作を予感するのです。



ではそれは乃木坂ファンの間だけで通用する独りよがりな「ヲタ神曲」なのかといえば
けっしてそうではありません。
「希望」と同じくこの曲の一人称は「僕」になってますが、
これまた「希望」と同じく、ここでの「僕」と「君」は
泣く人と寄り添う人すべてに男女・長幼の別なく通用する普遍的なものになっており
したがって恋愛幻想遊戯的な「ラヴ・ソング」の枠を超越する愛の歌となり得てるんですね。



更に特筆すべきは
乃木坂流の強さと優しさ、愛や優しさへの意志、「結果」をもたらさずとも確かに存在する愛、
とでもいうべきものに焦点が当てられていることでしょうか。
「ごめんね そんなことしか言えない」
「役に立たないもどかしい自分」 
「それでも力になりたい」
などのフレーズにそれが如実に窺えます。
たとえば、とある心からの愛が実効性500円換算の力しか持たず
一方で遊び半分の大富豪のチャリティが500万円分の実効性を持つ時、
その心からの愛は1/10000の価値しか持たないのか?
もちろんそんなことはないですね。
いくつもの理不尽・ままならなさに時に泣き、憤り、打ちひしがれて膝をつき、
それでも自暴自棄になることなしに慰め合い励まし合って
踏みとどまり立ち上がり直してきた乃木坂であればこそ
そうした強さに見えない強さを説得力をもって唄うことができるのです。



メタ視点のマーケティング魔術師:秋元康氏が
「よっしゃ、妙案!乃木ヲタ連中はこれでまた泣きまくるはず!」とほくそ笑んでなのか、
心の片隅の素直な部分で生身の乃木坂46自体が放つリリカルな部分にインスパイアされたのか、
それはもはやどっちでもよくなるんですね。
策に、器に、プロダクトに血を通わすのは何といっても乃木坂メンバーの仕事であり、
そしてこういう歌を唄えるグループは乃木坂46を措いて他にないのですから。
おそらくは突貫スケジューリングの都合、あるいは印税分配上の都合でMVが作られなかった
「何もできずにそばにいる」ですが、
それでも共通カップリングであるがゆえに「裏の、真の9th表題曲」として人口に膾炙し
遠近、メジャー/マイナーのあらゆる場面で流され人の耳に届き
実に乃木坂らしい仰天の支持の形を得て
ひょっとするとジャケット/表題を更改してMVを足してのリ・リリースさえあるかもしれません。
いくちゃん(生田絵梨花)の復帰待ちということも併せて
「9th」の特別リ・リリース含めて4、5ヶ月までものインターヴァル延長、
十分アリなんじゃないでしょうかね。



今回は1トピックに絞って語ってみましたが、
「音楽面」その他もまだまだ語り足りないのでもう1エントリほどを予定してます。



   


※ちなみに。
思いがけず間に合ったので再び緊急のお知らせ、残り1日強の猶予ですが
乃木坂派のいち牙城:Eテレ『Rの法則』では7/10までアンケートが開催されています。
NHK Rの法則 | 募集中!
「乃木坂46 アンケート」
"乃木坂46の9thシングル「夏のFree&Easy」のカップリング曲
「何もできずにそばにいる」の歌詞の中で、グッときた歌詞とその理由を教えて下さい。"とのこと。
7/14(月)以降またしても乃木坂46特集回が予定されていそうです。
「歌番組」以上の豪奢なカメラ・ワーク/編集で毎回魅せてくれる歌披露にも期待ですね。



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)