たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ

乃木坂46のまいまいこと深川麻衣ちゃんは
その得難き素晴らしい人格と人あたりから「聖母」と呼び慣わされています。
まいまいを敬愛する川後P(川後陽菜)の命名の確かさと意図には無論異論はないものの、
ボクはその方面からの賞讃が当のまいまいへのある種の重荷・足かせになってはいまいかと
少し心配になるところもあります。



まいまいの「聖母性」は、実は
完全無欠の聖人君子、天使にして女神にして聖母マリアのそれのようなものだとは思えません。
逆に、ファンのそうした「持ち上げ方」は、まいまいの人となりや意志の力や努力やヴィジョンを
意図せずとはいえ矮小化しかねないものだとさえ思えるのです。
まいまいは聖母として生まれ育ったから聖母であるのではおそらくないでしょう。
他メンバーとも世間一般の女子とも変わるところなく
時に泣き、怒り、しょんぼりし、この世界の残酷さ・ままならなさをも知ってきているはず。
それでも、笑える瞬間、微笑むことのできる瞬間、人を愛し愛される歓びの瞬間の積み重ねを、
ちっちゃな夢や希望が叶う歓びの瞬間の積み重ねを、人並みはずれて大事に貴重に思って生きてきた
サヴァイヴする純な魂 —
その美しさとけなげさ、そして強さゆえに
「聖母」としか形容のしようがない現在のまいまいになったのだと思うのです。



聖母でも聖少女でもなくフツーの10代女子だったであろうまいまいは
そうした10代女子らしい選択肢への試行をいくつか経てきています。
タレント養成スクール、美術系高校でデザイン専攻、服飾系専門学校、
アマチュア/セミプロのモデル仕事、と
フツーの10代女子らしく
美とグラムールとクリエイティヴィティの領域に属する華やかな世界への憧れに基づく
いろんな努力と手伸ばしの時間を数年間にわたって経験しているのですよね。
それらは「無駄」になることこそなかれ「花開く」結果にまでは至っていませんでした。
親御さんから1年限定で許可してもらったという
上京して自活しつつオーディションに臨む、というトライアルの過程で
約5ヶ月の後、念願かなってのプロの「芸能活動」が乃木坂46で始まったわけです。



「後追い」のファンであるボクには自ずと推し量れる限界がありますが、
乃木坂46にもまいまいにも、その航路は順風満帆とんとん拍子なんてものではありませんでした。
初期のブーストこそあれ、数々の謎なプロモーションやステージをもがむしゃらに駆け抜けてきた
乃木坂46、さらにはその「非選抜」メンバーにしてみれば
多くの「谷間」の日々・時間が不審・不信・不安に駆られる「泣きたくなる」ものであったとしても
不思議ではありません。
そんな中、けっして「推されている」「恵まれている」「芸能巧者である」わけでもなかった
まいまいをじわじわと押し上げてきたのは
その優しさと可憐さに気づいたメンバーとファンの地道で静かながら根強い「推し」だったでしょう。



理知の面から頼れるメンバーの筆頭がななみん(橋本奈々未)だとすれば
情の面から頼れるメンバーの筆頭がまいまい、なのだと思われます。
人の悩み苦しみは、時に情けなく子供っぽくエゴイスティックなものです。
そういう情けない部分を、ななみんに、あるいは他のメンバーに相談できない/したくない —
そんな時、
「人の悪いところを受け入れつつ、その人の良いところを探して接しようとする ※1」
とななみんから称揚されるまいまいこそが、唯一頼れる相談相手だということがままあるのだ、
と推測されます。
  


そうしたメンバーの女の子に癒し・慰めの手で触れる時、
まいまいのその手もまた震えていることでしょう。
どっしり構えた全能の超人間的存在、
神秘的で超自然の力を持つ神の子や聖母ではないまいまいであってみれば、
そのコの悩み苦しむ挫折感・無力感・焦燥感・自己不信等は、自分には縁遠い悩み苦しみではなく
自分も持っている/過去に持ったことのある悩み苦しみであるでしょう。
共感と同情を持って親身に耳を傾け、自分の内なる経験と見識から慰めや助言を繰り出す時、
その辛さを今の自分のもののように疑似体験・追体験するまいまいの心も
相手の心と同じようにヒリヒリと痛みを感じるはずです。
でもその痛みに耐えてでも、そのコに与えてあげたい言葉がある —
聖母と称されるまいまいの優しさは、
そうしたか弱さ・失意と背中合わせの叡智と勇気に裏付けられているからこそ
人の心に届くのだと思います。



いや(笑)、またこうした言説も「聖母性」のプロモーションの屋上屋になっちゃってますね。
未ファンや新規ファン、新規ユーザを考えれば、こうしたわれわれファンのプロモーション —
「乃木坂の深川麻衣ちゃんってどういう魅力があるの?」
「まいまいはねー、とにかく優しい、善い人なのよ!」 — も益なきことでもありますまいが、
次なる新たな別のプロモ方向もいまや必要なのだと思われます。
『乃木坂って、どこ?』第118回の「お尻を見られたい」初夢診断、
第120回の「極上に自分を追い詰める」発言等には
まいまいの心中でもう一歩先への気持ちの胎動が始まっていることが感じられます。
長く地道な登坂を経て9thでは初の「福神」入りを果たしたまいまい、
その眠れる一翼のポテンシャル — 美とグラムールの領域での躍進もまた、期待されるところです。



※1
ナタリー - [Power Push] 乃木坂46「乃木坂って、どこ?」徹底解剖 (5/5) より
橋本奈々未の推しメン:深川麻衣
「メンバーの中でまいまい推しはすごく多いんですよ。私はまいまいと一緒にいることが多いんですけど、いつも『どういう育ち方をしたら、こんなにいい子になるんだろう?』って思うんです。人の悪いところを受け入れつつ、その人の良いところを探して接しようとする子で、私が今まで出会った人の中で一番素敵な人なんじゃないかな。」



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)