無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い

このトピックに関するエントリは、
随分前から温めていたもののあまりにも沢山の素材を採りあげる必要が生じて
結局まとまらなくなって一旦反故にする、というトライアルを繰り返してきたものです。
が、「いや?まとまらなきゃ『その2』『その3』と書き継いでいきゃいいじゃん」とばかりに
見切り発車でリリースしてみることにしました。
「その2」があるかどうかは発展次第なので敢えて「その1」とは冠しません。



乃木坂46のななみんこと橋本奈々未ちゃんの
「ドS」「サイコ」「人の不幸が好物」キャラは早くから有名かつ好評でしたが、
最近のメジャーな、噂にも名高き例では
『乃木坂って、どこ?』第110回:「7thシングルキャンペーン 恒例のヒット祈願!」において
欠席したいくちゃん(生田絵梨花)の足の小指骨折を嬉しそうに説明し
「脆いですよね(笑)」で締めるというファイン・プレイがありました。
その概要は、乃木坂46のファンでもなんでもない「一般」の人にも浅く広く知られ
おそらくは随所で「どういうことなの?何か知らんが面白そう!」という強いアトラクターとも
なってきたことでしょう。



一方で、あまりにも物を知らず人を知らず世間・世界を知らない人々の間になら
「なんて女だ!アイドルの風上にも置けないヤツだ!」みたいな
的外れなアンチ言説の材料としてそれを採択しようという人もいることでしょう。
ここでは、それがいかに的外れであるかを逆証明するためにも
まず一例として、とある「いくちゃんの逆襲」をご紹介してみましょう。



ナタリーの特別企画動画『乃木坂46の1stライブDVDを乃木坂メンバーと一緒に観よう!』第5部は
『乃木どこ』無慮5回〜10回分くらいの狂った論理の笑いがギッチギチに凝縮されて詰め込まれた
何百回もの視聴に堪える屈指の爆笑乃木坂プロダクトなのですが、
この動画内の「いくちゃんの逆襲」は、「脆いですよね」に勝るとも劣らない
シュールで不条理ナンセンスでタブー・ブレイキングでなおかつポップという
超一級ノギザカン・ジョークとなっています。
こういったものを見るにつけ、われわれは「やっぱ乃木坂だな!」という想いを新たにするのです。

乃木坂46『【第5部】乃木坂46の1stライブDVDを乃木坂メンバーと一緒に観よう!』
公式チャンネル nogizaka46SMEJ 改め 乃木坂46 Official YouTube Channel さんから



16分59秒地点から始まるシークエンス。
「シャキイズム」の終盤でひなちま(樋口日奈)とさゆにゃん(井上小百合)がステージ右手で転び、
助けに寄ろうか迷ったもののDVDでの編集を考え踏みとどまったが
ファンが心配する反応を見せていたので
"ごめんなさい、そしてありがとう"式の両手拝みジェスチャーで応えた、と説明するななみん。
うん、うん、あ、そうなの!?と興味深げに聞いていたいくちゃんは、話の終わりにカマします —
生田「わたしもしんどいのよ、つって(笑顔で)」
橋本「ちがうわっ!(ツッコミ調で、吹きつつ)」
このライヴの日、体調不良の中なんとか乗り切り、終演後救急病院に搬送された
というななみんの事前の話を受けての、
"助けに寄ろうと考えたが、自分も体がしんどくて動けないのでその場で拝みジェスチャーで済ませた"
というていになぞらえた
ヒネりにヒネった、サディスティックでナンセンスな
「んなワケないだろっ!」とツッコまざるを得ない
これ以上望めないほどの狂った状況論理を一言の下に作り上げる
いくちゃんの超絶技巧ジョークなわけです。
DVDと述懐上の過去の経験に対してとはいえ、イジワル極まりないそんなヒネったおちゃらかし —
でも、ななみんはそんなシュールネスとナンセンスネスが大好物なので
大喜びで浪速芸人ふうなツッコミを返してるのですね。



言わんとするところはもうお分かりでしょう。
いくちゃんとななみん(そしてもう一人の出演者ゆったん=斉藤優里)は
意地悪でサディスティックで邪悪でサイコパスで他人の不幸が大好きなわけではなく
感受性豊かで想像力/創造力に長け頭の回転がとてつもなく早いがゆえに
ある特定のひとつの事象/状況を
幾通りでものヴァリエーションで面白おかしく想像することができるのです。
頭の中で思いついたシュールでナンセンスでタブー・ブレイキングな笑える想像図を
端的に短く素早く誰にでも伝わるポップな言葉で提示していくことは
芸人さんたちが日々やってること、彼女たちが『乃木どこ』その他で日々触れていることなのです。
テレビ、ウェブ、ラジオ、楽屋、プライヴェート...
乃木坂ちゃんたちはお互いのおかしくて楽しくてかわいくて愛おしくて笑えるところ、
微笑ましいところを、日々発見し、イジり合い
その成果をメディアを通してわれわれに届けてくれているのです。
その際、もう過ぎ去って無害なものとして超克された個々のちっちゃな一時的な「不幸」は
笑えるエピソード・トークとして
歓びと笑いの種に昇華されて提供されるべきものとなっているのです。



やはり当初の予想どおり、1エピソードだけでおそろしく紙面を食ってしまいました。
今回は「無意識を言い訳にして」の部分にとっかかることさえできませんでしたが、
天使にして理想の少女像/プチ女神さまのように賞讃されているいくちゃんの
シャープな知性がブラックな笑いをも守備範囲に入れていることを語り得たところで
初戦は良しとしておきましょう。




『一緒に観よう!』と一緒に観ると楽しさ倍増3倍増の1stBDL



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)