飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す

曹操はなにゆえ曹操であるか!
曹操孟徳は天下のものである
曹操に天下を見るならば曹操のもとにおれ!! (曹操)
— 『蒼天航路』その八十六 より



乃木坂46についてのブログを書いていくのは
もちろん喜ばしくも、ある意味忙しく大変なものですね。
このブログを読んでもらえてる人ならお分かりのとおり、
ボクはこのブログで、辛抱強くどっしり構えてこつこつと
乃木坂の全体/個々のどこがどう魅力的なのかをみっちり語っていくことを
第一義的なタスクとしています。
ところがもちろん、リアルタイムに進行中である乃木坂の侵攻と振興には
要所要所で即時に動き、逆風も追い風に変えていくような一助となるべく応えていかなければならない、
そんなことだって多々、頻繁にあるのですよね。
ホントならテンポラルな事象とは無縁に
まいまい毎日マイペースでゆったりとエントリを放っていきたいとこなんです。
前回エントリのイントロでボクが「時間がもったいないなーって気がして」と書いたのは
そういう心情からでした。



エントリ57:みなさんが察していないであろうあしゅ 以降、
あしゅこと齋藤飛鳥ちゃんについてみっちり論じたエントリをひとつだに物す余地もないまま、
あしゅとその最愛の嫁:ななみん(橋本奈々未)の関係性を語る間もないまま、
タイトルに冠した今回のテーマ/事象を語るのは、一方で面倒で一方で喜ばしいことです。
「アンチ諸君、頼むよ、ちったぁ休んでてくれないかね?」というのが「面倒」の所以、
あしゅの新たなる、より力強く美しい羽ばたきを賞讃できるのが「喜ばしい」の所以です。



あしゅ自身によるブログでの声明が出たので
お伝え事があります。 | 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ
アンチ候補生に図らずも材料を提供するのを危惧することなく触れられますが、
ボクはこういう「騒動」をたいてい初動で知っています。
そして、それが限りなく「事実」に近そうという事例がたとえあったとしても
「それが一体どうしたの?何か変わることがあるかね?アホらしい」と捨て置きます。
ボクはボクにとっての広義の「アイドル」を
カノジョ候補、恋人候補、嫁さん候補、子の母親候補として観ていないからです。
「現代」「現代日本」における「女の子」「女子」「少女」の在り方、
それはドルヲタの身勝手な、狭く臆病な心と日常からは量り知れない遼遠な拡がりを持つものです。
「アンチ」がバッシングの材料として使う難癖なんて、たとえ事実に依拠する某かがあったとしても
どれも難癖にさえならない既知のフツーの、天下の女子たちにままある通常の事項なんですよね。
そんな人はいないでしょうが「自分が誰々のアンチになりそうでコワい、イヤだ」という人は
一度、3ヶ月ほどかけて「ニコ生」でかわいいニコ生主の放送を追ってみるといいですよ。
あなたと同様、いやそれ以上の高圧下でイマドキの女子が苦悩の中で生きているのが分かります。
あなたはそんな部分も含めてその子に、愛おしい、負けるな、というシンパシーを覚えるでしょう。



あらあら。閑話休題。
なぜこんなおかしな本末転倒で、あしゅが、アイドル自身が「見苦しい」言及を
しなければならないのでしょうね?
「あしゅがどうとかこうとかだって!?確かめねばならん!」とか言って
浮き足立って右往左往して「ファン」をやめたりアンチになったりする人がいるからですよ。
「『Rの法則』で見初めてファンになったんですが、乃木坂46のメンバーだったんですね!」と
これからいよいよ齋藤飛鳥/乃木坂46のファンになろうという「一般」の女子がいるからですよ。
もう既にアンチという暗黒面に落ちた人ならともかく、
未ファンや新規ファンがないことないことを信じて背を向けるのではたまったもんじゃないのです。



エントリ64:運営よ、戦いは心胆にあるぞ でも部分的に触れましたが、
もうそんな「見苦しい」空騒ぎに乃木坂メンバーは飽き飽きし、愛想が尽き果ててるはずですよ。
「『ファン』であると言うのなら、わたしの、わたしたちの『仕事』を見てくれない?
 乃木坂46のメンバーであるからといって、芸能ドロイドなんかになった覚えはない」と。
ポップに柔らかめに軽くシャレもこめて「もうこういうブログは書きたくないです泣」と
締めているあしゅですが、「私ももう、このような記事はあげません。」のななみんと肩を並べて
軽やかながらもコワモテな、対決姿勢を露わにしているとも取れるわけです。
(ちなみに。「マネっこかよ」というアンチ言説が既に予想されますが
 あしゅにとってのななみんが、敬愛する「俺の嫁」であるからには批判にもならない批判です。
 言うなら「オマージュ」と呼ぶべきですね)



われ黙することならず
人を脅し殺すを商いにする者 あやむるにはばからず
天もわれも許さじ (曹操)
— 『蒼天航路』その二 より



「ボクちんの理想の幻想天使ちゃん探索」がその活動の主要なモチヴェーションであるような
一部のドルヲタ層向けの狭い商圏・戦場をはみ出して、
もう乃木坂46は、言うなれば「言説アイドル」としても一歩も二歩も踏み出しています。
4枚買い40枚買い160枚買いに邁進する従来ファン層を多く失ったとしても
新たな「普通の」「一般的な」ファンが薄〜く30万人60万人もいれば右肩上がりは終わりますまい。
乃木坂46が、そのあらゆる「パフォーマンス」で相手にすべきはいまや
500万1000万3000万にものぼる「一般」の人たちなのです。
「黙らないアイドル」「立ち向かうアイドル」「ノーと言えるアイドル」を地でゆく乃木坂には
多くのまともな大人たちも少年少女たちも、乞われずとも味方につき続けていくことでしょう。
ルサンチマンと自分可愛さでグッチャグチャのアンチのみなさんの必死のぐるぐるパンチも
指先ひとつならぬ筆先ひとつでダウンさ、なのです。
(いや?スマフォ/PCならやっぱり「指先」でいいのか)



飛鳥はなにゆえ飛鳥であるか!
齋藤飛鳥は天下のものである
飛鳥に天下を見るならば飛鳥のもとにおれ!!



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)