手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ

乃木坂46の若様ことわかことワカツキことわかちゅきこと若月佑美ちゃんは
その初期には(もしかしたら現在も一部では)
「みゅうみゅう」というニックネームで呼ばれていました。
おそらくメインには発音のしづらさによって廃番となった「みゅうみゅう」呼びですが、
男装時の凛々しさやメンバーへのジェントルな気遣いなどによって「若様」が
また、発語の快感と、音のシャキシャキ感とイメージの一致によって「ワカツキ」が
いつしか優勢になってしまって
全体の和と他者の気分を重んじる彼女が自然な流れでそれを受け入れた、と考えるのが
ことの顛末に対する推察としては遠からぬ当たりではないかと思います。



現在では多くのメンバーに「わか」と
「相方」のれかたん(桜井玲香)には「ゆみ」と呼ばれているわかは、  ※1
ニックネームに関するこのようなアンビヴァレンスにも象徴されるように
女の子らしさ/女性らしさと男前感/凛々しさのイメージとの間で常に揺れ動いている感があります。
抽象デザイン画とともにお菓子作りをも愛し、
ロック系寄りのクールめ辛口めのファッションとともにスウィートなワンピースをも愛し、
ちゃきちゃきギャハギャハ活発におしゃべりしている外面と裏腹に
一人になると時としてくよくよイジイジと悩んでいるという内面 —
イメージと内心、理想と現状、自信・実績と挫折感・不安の間を
今も大きな振れ幅で揺れ動いているらしき姿。
人それぞれに異なる形であれ、その「揺れ動き」で共通する思春期における人の在り様。
それもまた若月佑美の魅力の大きな、そしてもしかすると根源的な部分であると思うのです。



これはボクの雑駁な杞憂であればよいと思うんですが、
「顔芸のプロ(川後陽菜命名)」ことわかは、2014/02/10のブログで
その顔芸の封印を示唆するような物言いをしていました。  ※2
気丈にシャレめかしているとはいえ、そこにはわかのショックと失意が少なからず窺え、
もし乃木坂46という場でなかったら、小さいが根深い不協和音の種にさえなりかねない
危ういものを感じさせられても不思議ではありません。
実際、乃木坂46をよく知らない人が観たとしたら
ナタリーの特別企画動画『乃木坂46の1stライブDVDを乃木坂メンバーと一緒に観よう!』の
第4部におけるまいやん(白石麻衣)、かずみん(高山一実)
第5部におけるななみん(橋本奈々未)、いくちゃん(生田絵梨花)、ゆったん(斉藤優里)
のはしゃぎ騒ぎ笑いっぷりは
「ん?そのワカツキって子はdisられてんのか?」と取られても不思議ではないレヴェルです。

乃木坂46 『【第4部】乃木坂46の1stライブDVDを乃木坂メンバーと一緒に観よう!』
乃木坂46 『【第5部】乃木坂46の1stライブDVDを乃木坂メンバーと一緒に観よう!』
ともに公式チャンネル nogizaka46SMEJ さんから



ですがもちろん、乃木坂をよく知るファン、およびよく物事を見る人なら分かるように
彼女たちは同時に、乃木坂46および自分自身をも客観的鑑賞/評論対象として捉えて物を言っており、
その対象の最たる、触れずにはいられない、目を留めずにはいられないものとして
わかとその顔芸を挙げているのですね。
照れ隠しを含んだ「顔芸のプロ」の呼称の下に、乃木坂メンバーたちは
その演じる表情に瞬間瞬間に閃く何かを垣間見て、
心騒ぎ心躍り心打たれるものを感じてこそその「芸」を褒めそやしているのです。
悪気はないものの稚気と茶気に逸るメンバーたちがはしゃぎ騒ぐ中でも、
さすがは「聖母」のまいまい(深川麻衣)が見事な気遣いを見せて代弁してくれているように —
「ワカツキはさあ、言われてそんな嬉しいと思わないかもしんないけど、
 それってほんとに才能のひとつの表現力の大きく出る...(聴き取り不全) ※3」—
わかの「演じること」「表現すること」への愛と情熱は
ちゃんと理解され、尊重され、受容され、賞讃されているのです。
わかの美しさ、愛らしさの由来は、未熟な「思春期の少女」という器に捉えられた魂が
それでも遠くの何かへ焦がれ憧れ手を伸ばし続ける姿の美しさといじらしさ、でしょう。
巡り巡ってはそのいじらしさは、少女ならずとも若者全体、人間全体に通底し得るものでもあり、
照れ屋でその裏返しとしてゆえのツッコミ体質のメンバーの多くも
人間の、少女の、思春期の、自分たちの「鏡像」「芸事での象徴表現」を思いがけずそこに見出だし
愛しくも面映くこそばゆい気持ちの反射として「笑っちゃう」という反応に落ち着くわけです。
それゆえ、ファンなら、なんならメンバーだって、
"わか、君はもう迷わなくていい、自信を持ってどっしり構えてゆっくり進んでいけばいい"
というふうに言ってあげたくなるところでもありましょうが、
逆に、その常に迷い揺れ動く心こそがわかの大きな原動力ともなっていると考えれば
すべてがいずれ「芸の肥やし」となり、その将来性へと繋がるはず、
と安心して見守っていればいいとも言えるかもしれません。



2013年終盤から2014年の3ヶ月にかけてのわかは
『乃木坂って、どこ?』にせよドラマ『失恋ショコラティエ』出演時にせよブログの自撮りにせよ
かなり明るめの茶色の髪色、眉が見えるか見えないかほぼ見えないくらいのぱっつん前髪で
スウィートでガーリーな見た目路線を押し出しているかに見えましたが、
2014年3月末更新の公式サイト/ブログのプロフィール写真では一転、
過去最大級なくらいの黒髪、凛々眉、にらみつけるような怜悧な表情で
以前の毅然とした知的清楚美少女感あふれる「女前」っぷりを再び見せています。
アイドルの髪の色や髪型は受けるお仕事に準じてしょっちゅう変えられるものとはいえ、
しばらくは固定的におおやけに発信される公式サイトのプロフィール写真でその姿。
「大人の色気とまではいかないまでも19歳ならではの雰囲気を持った」と語っていたわかが  ※4
"いまはまだその時機じゃない、いまはまだそんな自分じゃない"とばかりに
元々の素養を — 荒ぶり挑戦し手を伸ばし何かに憧れ焦り悩み苦しむ自分の部分を
いま一度衒いなく恐れ気なく出してきた、とも取れるでしょう。



これから先はおいらがただ生き存えるだけで
乱世は深まり人が死ぬ
そのことを受け容れるのにもう躊躇(ためらい)はねえ
それもおいらの徳だ (劉備)
— 『蒼天航路』 その二百三十四 より 



"ワカツキは喋り口調が乱暴で女らしくなくて嫌いだ"
"ワカツキの暑苦しくて人生哲学じみた物言いが苦手" —
世間、もしくは「アンチ」間に存在するであろうそうした拒絶の壁・バリア・逆風をも
"それはそれでその人のいち意見、いちいち気にして合わせてもいられない"とばかりに
許容し、受け流し、捨て置き、笑って忘れて次へ、次へ、さらなる高みと拡がりへ —
わかの新たな自信と新たなポジティヴィティを、ボクは深読みも覚悟でそこに見出だすのです。



※1
『NOGIBINGO!2』第12回 より

※2 
真夏がね、真夏がね、かずみ んのバースデーする為に... | 乃木坂46 若月佑美 公式ブログ より
「ちなみに最近はしてませんw 顔で表現しても全く遠方の人には わからないということに気づいたのです。遅」

※3
『第4部』35:57地点での発言

※4
ナタリー - [Power Push] 乃木坂46「君の名は希望」特集 - 若月佑美、乃木坂46で見つけた「希望」 (4/10) より
「グループ内でも大人グループに入るし、大人の色気とまではいかないまでも19歳ならではの雰囲気を持った、内面がしっかりした女性になりたいなと思っております(笑)。」



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)