生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2

劉備 「天下を想うおいらの心は甘(あめ)え そう言ってたよな 孔明」
諸葛亮「はい」
劉備 「そいつぁ 変わりようがねえ」
諸葛亮「生まれもった本性を そのままに すなわち"𢛳"  
    まっすぐに生きてゆく すなわち"彳"
    世に言う"徳"」
    —『蒼天航路』その二百三十四 より



このブログでボクはしょっちゅう
乃木坂46の魅力の、一部に過ぎないものながら無視できない強力な部分として
その「徳」「大徳」なるものを挙げています。
政治家でも宗教家でも慈善団体でもなくアイドル・グループである乃木坂46であれば
本来なら「徳」がどうたらなんてどっちでもいいことのはずなのに。
でもこの場合の「徳」というのは、上記の諸葛亮の言のような
「生まれもった本性をそのままに まっすぐに生きてゆく」乃木坂メンバーたちの姿、
そのウソのなさ、それゆえの潔さと愛らしさを指して謂っている、と考えてみてください。
びっくりするくらいそれが個々の乃木坂メンバーの魅力に繋がっていることが感じられるはずです。



さて。
「生まれ育ったままで」ならぬ「生まれたままで」は
乃木坂46の8thシングルのカップリング収録曲のひとつのタイトルなのですが、
その歌詞はいつものようにアキモティクス全開 — つまり
歌詞の「話者」と「話者」であるはずの歌手/歌唱者が一致していない
それゆえに
唄う者(乃木坂メンバー)、カラオケで唄う者、一人きりで聴きこむ者が感情移入できない
残念なデキとなっています。
より精確を期して言うならば
あれは秋元康氏本人か、どこかの兄ちゃんロック・バンドが唄えばいい歌詞、となるのです。
「さよならアキモティクス」とはどういうことなのか、その連続する試論のひとつとして
今エントリでは「生まれたままで」を俎上に上げてみましょう。

乃木坂46 『生まれたままで』
公式チャンネル nogizaka46SMEJさんから



細かな「難癖」というべきものはさっさと初戦として片付けちゃいますよ。
「夕焼けに染まったコンビナート地帯」
「連なった飲み屋のその一角に帰ろう」
「真っ白だった羽も穢れてはいなかった」
「誠実じゃない僕はその分大人になった」
端折ってごく一部を採りあげてみるだけで
これらの部分的モチーフ群が乃木坂ちゃんたちに見合っていない、似つかわしくない、
それだけならまだしも、むしろ正反対・対極にあることが感じられることでしょう。
泣き虫であれ意地っ張りであれクールで理知的であれ、乃木坂ちゃんたちは
真っ白だった羽を穢したくない、
不誠実さが「大人である」要件なのなら大人になんかむしろならなくていい、
わたしはわたし、ありのままのわたしでなければ何の意味もない、
という想いを貫き通すタイプであり
それが乃木坂46という場ならできる、できそうだ、という想いを抱えているタイプでしょう。
秋元康氏がどんな少年・青年時代を送ってきた人なのか、そんなことにボクは興味がないですが
むしろ彼自身、もしくは彼とそういう詩想を共有できる歌手/バンドなりが
唄ったほうがハマりませんか?と言いたいですね。



秋元康氏という人は、こうした冷笑メタ視点悪戯含み笑いが大好きな人です。
そしてそれはハマった時には大ハマりして爆笑とヒットをちゃんと生むのです。
最近ならNMB48の「カモネギックス」、遠くの好例なら早瀬優香子さんの「サルトルで眠れない」
等々と、彼の冷笑メタ視点の悪戯が「視聴者」との阿吽の呼吸の目配せによって
「康め、やりおる...」という賞讃と爆笑に結実することだってあるんですよ。
上記の2例なんてもう、タイトルを見聞きしただけでクスリニヤリと笑えるじゃないですか。
そしてボクはそれには文句がない。
どうぞもっとヒネった、もっとニッチで笑えるネタを繰り出してください歓迎します、ってなもんです。



でも、ですよ?
そうした「遊び」を乃木坂46という場でやった結果、どうなってますか?
いちばん好んでくれて感情移入してくれて応援してくれていいはずの
10〜28才くらいの女子・女性層からほとんど支持を得られてないじゃないですか。
そうした「遊び」をやってる場合、歌詞/歌の内容ってのは
秋元氏 > その歌詞を好き嫌い関係なく唄う乃木坂46 > その中のメタ言説を読み解き楽しむドルヲタ
というヒネりの入った「鑑賞方法」でしか楽しめないものとなるんですね。
「んむ?そうか?」と思う乃木坂ファンの方は
本来なら「ストレート」であっても不思議はないはずの女子目線の歌詞のもの —
「ぐるぐるカーテン」「ガールズルール」等をケース・スタディとして検証してみれば分かります。
そこにさえ「女の子が、女の子として、女の子の気持ちを唄う」場合には
あり得ないフレーズが多々見られるはずですよ。



「生まれたままで」に戻って、と。
コンビナート地帯とか飲み屋とかは、まあ些末なことですよ。
逆に些末なことであるからこそ
「私立名門女子校」イメージに合わせた相応しいパーツで置き換えるのも容易なはずです。
で、重要な点は、
真っ白だった羽を穢したくない、不誠実な大人になんかなりたくもない
ありのままのわたしでなければ何の意味もない
だからわたしは、このまんまのわたしを貫き通すために闘ってやる —
そういう乃木坂46らしい潔く美しい高らかな宣言に
この歌詞をなんとか頑張って試行錯誤して持っていかなかった努力・熱意の不足
にあるのですね。

この曲での実質センターと言っていいまりっか(伊藤万理華)と
この曲の関連性に錯綜した想いを感じる人もいる、でしょう?
"一般科の高校になんとか通い続けてみたら、うん、確かにそっちでよかった。
わたしはわたしらしく、絵/アートへの志向を捨てることなく芸術大学へも進めた。
それを許容してくれる乃木坂46で本当によかった" —      ※1
その姿は「生まれたままで」の歌詞の終点とはむしろ正反対、じゃないですか。
生まれ育った本性をそのままに まっすぐに生きてゆくまりっか —
そんなそのものズバリが歌詞にも表れていたら、どれだけストレートに感動できたことか!

「大声で叫んだ望み少ないあの夢」
「生まれたままずっと自由に生きられたら」
「いくつの嘘 自分に言い続けたのかな」
「誰かのせいにはしない 運のせいにもしない」
これらのフレーズには、秋元氏が乃木坂メンバーにインスパイアされて
ストレートにバッチリな歌詞を贈ろうとした痕跡さえ見ようと思えば見えるのです。
乃木坂メンバーの誰を例に挙げてもいいんですが
たとえばかなりん(中田花奈)、わか(若月佑美)のブログ等から窺える、 ※2
芸能界/アイドルへの夢を押し殺そうとしたオーディション以前の乃木坂メンバーたちの心情を
考え合わせてみれば、ものすごく「良い歌詞」にだって仕立て上げることもできたはずなのです。
ところが実際は見てのとおり、敗北主義的でシニカルに醒めた「諦めの歌」になっちゃってるのです。
そんな歌/唄を、はたして乃木坂ファンが乃木坂46から聴かされたいと思いますかね?



楽曲「生まれたままで」MV「生まれたままで」は、
一見、ポジティヴで元気なものになってるように見えなくはないんですよ。
MVは乃木坂メンバーによって、楽曲(サウンド)はソニー印によって保障/補完されてますから。
特にボクはそのサウンド面 — ドラムのプレイと音自体、ホーンの使い方に
『オレンジズ&レモンズ』のXTC、後期マッドネスとザ・マッドネス、
終期ザ・ジャムと最初期ザ・スタイル・カウンシル、あたりを感じてハッとさせられましたね。
いつかまた事あるごとに触れてみるつもりですが
乃木坂46に作曲、アレンジ、サウンド、楽器プレイを提供している面々は大方優秀かつ丁寧なんです。
でも「歌/唄が売れる」ことを可能にするのに、こうしたアキモティック詞作スタイルが
足をひっぱり、実は百害あって一利なし。
「さよならアキモティクス」と言える日というのは
ソニー・ミュージックレコーズ側が秋元康氏側に
「これは良い歌詞、いただきます。これはダメな歌詞、要らないです」と言える日々、なのです。
「誰か〜、乃木坂46に詞、曲、詞&曲を提供したいって人いませんか〜?」
どんだけ優秀なソングライターたちが喜び勇んで提供してくれることでしょう。
もし、ソニー・ミュージックレコーズが何らかの「違約金」を無慮10億ほども払って
秋元康歌詞独占提供契約みたいなものを破棄して
向こう4年なり6年なりを覚悟してその違約金分を回収する気があれば
それはけっして不可能な話ではないはずなのです。






※1
人形のパーツ。556回目 | 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ

※2
8/6カナ? | 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ
若月『飛ぶってフライだっけ?』... | 乃木坂46 若月佑美 公式ブログ
また
ナタリー - [Power Push] 乃木坂46「君の名は希望」特集 - 若月佑美、乃木坂46で見つけた「希望」 (2/10)



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)