冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く

覇王がみずから軍を率いて長城を越えた
この北伐の成果はそれだけですでに達せられている(賈詡)

すでにしておいらの在る処が天下だ!(劉備)

漫画『蒼天航路』の愛読者であるボクは、
このブログでしょっちゅうイミフな引用/改変を、乃木坂ちゃんを賞讃するために使っています。
アイドル/アイドル・グループが天下に出ていく様、上り坂を上っていく様を描写するのに
『蒼天』のシーン、エピソード、決め台詞などがドンピシャにハマることが多いゆえです。
そして、今回の8thシングルの先行公開を目にしたボクの脳裏に去来したのは
上記の2セリフでした。



巨大なマニー・メイキング・マシーンがついに堪え性をなくして遠慮会釈のない牙を剥き
逆風が吹き荒れ逆波で航路もままならず、ファンさえもが迷走を始めたと思われたさなか、
一撃必殺・一発逆転・起死回生のリリースが乃木坂46に見られました —
2014/3/7(金)に、8thシングル表題曲「気づいたら片想い」のMVが公開されたのです。

乃木坂46 『気づいたら片想い』
公式チャンネル nogizaka46SMEJ さんから

ごく一部の、基本的には「ファン」相手の、そのまたごく一部への先行発表 —
3/2の握手会、3/3のNACK5『おに魂』 — では見えて来べくもないその反響には
素晴らしいものがありました。
「一般ファン」及び「ファンでもない一般の人々」のTwitterでの反応は上々から絶賛 —
狭い狭〜い「乃木坂46ファン」「乃木ヲタ」の世界から
大々的にはみ出すチャンスの可能性を感じさせたのです。



「泣かす」「泣ける」「泣いた」 —
ボク自身、このMVを観るたびに、どころか観ようとするたびに先に泣けてくるくらいなので
そうした(基本的には)ファンの言には何の異論もないところですが、
同時にシヴィアで冷徹な視点から言えば
「ファンでも何でもない一般の人たち」が同じように皆「泣いて」くれるとは思っていません。
たいていの人は(そしてもしファンでなかったらこのボク自身も)
「何だ、この昔ながらの古臭い、新味も鋭さもないお涙頂戴モノは?」と
十中八九思うでしょう — そして、それで構わないのです!



この場合の「十中八九」は
50万人中の40〜45万、200万人中の160万〜180万を指すと言っても過言ではない。
一般の人々は何かが騒がしければそれをチェックし、気に入れば採り気に入らねば捨てるだけです。
そして「一般」である限りにおいては
「絶対採ってやるものか」と最初から決意している人などいません。
ということは?
きっかけがどうあれ、50万人中5〜10万、200万人中20万〜40万の人が
乃木坂46を新たに、もしくは改めて、観て気に入るかもしれない、ということなのです。



われわれファンにも与り知れない領域で
乃木坂の天下を精緻に真剣に考えている軍師にして勇将である生駒ちゃん(生駒里奈)は
2013年11月、7th『バレッタ』発表時に、すでにして「拡がり」への焦燥感を公言していました。
 ナタリー「2期生も加わり、武道館や代々木体育館といった大会場でのライブも実現。
       さて、乃木坂46をここからどうしていきましょう?」
 生駒「うーん、ここからなんだよなあ。
    与えられた場所で常にプラスアルファのものを出していって、
    それを観た人に好きになってもらうのが大きな課題だと思う。
    そうしないとどんどん広がっていかないし。」
   「あとは乃木坂のことを好きな人たちにもっと好きになってもらうように努力して、
    その人たちに乃木坂のことを広めてもらったり。
    『乃木坂46っていうグループは本当にすごいんだよ、だからあなたにも聴いてほしい』
    って言ってくれる人を、どんどん増やしていきたいです。」  ※1
バック・グラウンドでどんな注力と奮闘が為されているとしても
われわれファンから見る「運営」は、「バレッタ」MVに代表されるように
「それを観た人に好きになってもらう」
「乃木坂のことを好きな人たちにもっと好きになってもらう」
「その人たちに乃木坂のことを広めてもらったり」
「『乃木坂46っていうグループは本当にすごいんだよ、だからあなたにも聴いてほしい』
 って言ってくれる人を、どんどん増やして」
というような状況を可能たらしめることをやってきたとはとてもとても言い難い。
むしろ、オススメしたファンが恥ずかしくなる、もしくは恥ずかしくてファンがオススメできない、
そんなことばっかりをなぜか頑張ってやっているように見えていたのです。



ところが今回は一転。乾坤一擲の、かつどストレートの真っ向勝負。
なぜだか何かにいまさら思い至ったのか、
秋元康氏はいつもの冷笑メタ視点悪戯含み笑いの話者不明の歌詞スタイルを捨てるわ、
MVは直球泣かせ青春ドラマでメンバーと関係性の美麗さをフィクショナルながら全面に押し出すわ、で
コッテコテではあれ、というよりむしろコッテコテであるからこその
フル・スロットル乃木坂46のポテンシャルが存分に発揮されているのです。
そりゃ、当のわれわれファンだってもちろん思っていますよ?
「限られた命、みたいなこと安直に無神経にドラマにすんなよ」
「なーちゃん(西野七瀬)が死んじゃうなんて縁起でもないストーリーやめろよ!」
「おいおい、これでなーちゃん卒業フラグとかだったら絶対に許さない、絶対にだ」と。
ところが、乃木坂46の個々のメンバー、個々の関係性、乃木坂46という「場」が
常に儚さやヴァルネラビリティと背中合わせの清新な美しさを提示しているため
われわれは乃木坂の存在自体とこのドラマを重ね合わせて
我知らずほだされて泣いてしまう、泣かずにはいられなくなるのです。
それは必ずや、初見の10%20%の人の興味をも惹き
「こんなグループいたのか、知らなかった、気にしてなかった」とその心を動かすことでしょう。



これは、狭い乃木ヲタ層、狭いドルヲタ層、狭い思春期モラトリアム男子層に
敢えて狙いを最初っから絞ってきてはいない、乃木坂の新たなる咆哮ですよ。
フツーの小中学生、イケてる女子高生・女子大生・OLから40、50代の主婦に至るまで
アイドル・ポップス、Jポップ、もしくは歌謡曲を聴き買うような人々すべてに向けても開かれた
起死回生の1曲になるでしょう。
知って、観て、聴いて、それでも好きじゃないというのならそれはそれで仕方ない。
でも、知りもせず、観てもいず、聴いてもいず、でスルーされていては未来がない。
心配される生駒ちゃんの兼任騒ぎにまつわる不安を吹っ飛ばすような初動の快勝 —
このMVの成果はそれだけですでに達せられていると言えるでしょう。



   


※1
ナタリー - [Power Push] 乃木坂46「バレッタ」特集 - 生駒・堀センター対談 (5/10) より



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)