「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり

まだ何にも失われていない、まだ何にも残念なものを目にしてもいない内から
「何かがオワった」と空騒ぎをするのはやめとくがよかろうなのだァァァ!!
たとえ当の乃木坂メンバーが「弱音」「泣き言」めいたことを口にしたとしても
あるいは敢えて言及なくその騒動さえも知らないかのように無視したとしても
それはとりもなおさず乃木坂メンバーが乃木坂メンバーである所以 —
理想の何かをモデルとして造られプログラムされて動くクローン体か何かではなく、
ひとりひとりが正に生身の、それぞれの個性を持った人間であることを示しています。
これまでもそうであったように、人間・個人であることを捨てない乃木坂メンバーは
どんな理不尽を突きつけられてもそれを自分たちなりのやり方で乗り越え
より力強く美しく幅広く輝く新たな乃木坂46を常に作り出し続けることでしょう。
  AKBに勝つのを見たい
  100万枚売れるのを見たい
  乃木坂ファンの俺を見ろ
そんなことのために乃木坂は、美はあるのかね?
我々が命と見立てた乃木坂は、そんな小さなものかね?
乃木坂は、天地とひとつ。
故に定型は無くともよいのです。



哀しく残念なものをまだ提示されてもいない内から予感だけで泣くのではなしに
乃木坂ファンが今までどおりあたりまえに観て喜べるものは、
同時進行でちゃんとシームレスにリリースされています。
まっちゅん(松村沙友理)&かなりん(中田花奈)は通例どおりに
ニコニコ生放送『生のアイドルが好き』第11回をいつものナンセンス&ファンシー風味で
上首尾のうちに終えていましたし、
2期生オンリーの危険にして果敢なるチャレンジ:ウェブ配信番組『乃木けん』第2回もまた
1期生の乃木坂46遺伝子を正統かつオリジナルに受け継ぐ2期生ポテンシャルを
余すところなく発揮していました。 ※1
ここではひいきの引き倒しを承知の上で
琴子こと佐々木琴子ちゃんへの視点を中心に『乃木けん』の面白さを紹介しておきましょう。
乃木坂組はヤワじゃねえ!



何のことわりもなくメンバーのかわいさをいきなり前置きなしでフィーチャーする
定例ソロ・イントロ「1分間チャレンジ」で
東京特許許可局局長今日急遽休暇許可却下(カナ?)を目一杯がんばって繰り返す琴子!
中2の京ちゃん(米徳京花)みりあ(渡辺みり愛)、中3で同学年のらんぜ(寺田蘭世)と
同年代メンバー同士ゆえのリラックスしたキャピつき感の内に遠慮なく優しく微笑ましくガヤも飛ぶ
上々のスタートとなりました。
ログイン閲覧ユーザのアヴァターのコメントがメンバーにも読める仕様のため
「『琴子いちばんかわいい』って」と画面外から応援コメントを読んであげる他メンバーもいるなど
乃木坂伝統の、メンバー間位置づけと関係性と友愛とシャレっ気の累乗魅力マジックが
視聴者側にも伝わってくる効果もばっちり。



さすがはジュニア・オリンピック経験者の、晴れの大舞台はお手の物の「アスリート」、
中2で大学生と間違われる少女;京ちゃんの、物怖じしない日直MCで進行されたこの回では、
好き勝手にはしゃぎまくりツッコミ・ガヤを入れまくり天然にアイドル性たっぷりならんぜ
最年少妹キャラながら基本的にらんぜと同キャラ、かつどこか真夏さん(秋元真夏)風味なみりあ
MCのため膝上の台本と首っ引きながら進行も発言も緩急硬軟自在のしっかりスマート京ちゃん
と、メジャー番組ではなかなか出にくく見えづらい各々の魅力も
自然とかつたっぷりと披露されてました。
そんな中でも、やはりというか予想以上に突出していたのは琴子!琴子!琴子!
ひと味もふた味もちがうファニーでストレンジで頑なで不器用でプログレッシヴな乃木坂流の片鱗を
早くも垣間見せてくれたのです。



おっとり「ひかえめ」しっとり和風美人なイメージとは裏腹に
意外とコドモではしゃぎ屋でズレてて不器用な部分を随所でちょこちょこ笑われていた琴子、
視聴者アンケート・ゲームの罰ゲームでハケたらんぜの間をつなぐ3人の場で
最初の事件は起こりました。
「米徳ちゃんの司会上手」という視聴者コメントを拾うみりあ
「え、うれしー」と無音で手を叩く京ちゃん
「え、うち思ったんだけどさ、米徳ちゃんけっこう棒読み(吹きつつ)」と謎のブッコミの琴子
「えー、ひどーい!(京)」「出ました!(みり)」
と、普段の琴子は意外と毒舌で視点がヘンなのか?と奥がうかがわれる名シーン。

そして最大の事件(但しほのぼの)は番組終盤、
「この4人のチーム名でも付けてシメましょう」という指示を受けて起こります。
何か由来のはっきりしない理由からみりあ&らんぜ主導で
「ワーのグループ」「チームWA」という名に決まりそうな矢先、
琴子と京ちゃんは視聴者コメントから
「チーム・アスリート」「チーム保育園」「チームよねすけ」を拾います。
MCだった米徳ちゃん&落語家ヨネスケ氏のシュールな合体イメージ語感がよほどお気に召したのか
「チームよねすけ」を大喜びで推し、決定!とばかりにベルを鳴らす琴子。
にもかかわらず、言い出したら聞かなそうならんぜとみりあに謎の強硬採決を食らう!
残念そうに諦めつつ、次段階に進んで「ちーむ・わー」とは何かと整合性を探り始める琴子。
「わーはWAで」とみりあ。ワーっと喜ぶ手振りと"友達の輪"の手振りで説明するらんぜ。
「あ、足し算の答の『和』みたいな?」
「和食の『和』で、足し算の答のことを『和』って言うんだよ」と琴子。
「琴子ちゃんマジメだからね」と、マジレスをたしなめるようにからかうらんぜ。
(ふえん ><)と目をつぶり胸に手を当て自分を抑えて引き下がる琴子。
「理系です(琴子)」「わたしも理系です(京)」おお!と京ちゃんの手を取る琴子。
「ここが(琴&京)大人グループで、こっち(蘭&みり)が幼稚園グループで...」
とまとめつつ場を収める最年少のみりあ。
大人&理系ということでハイタッチをする琴子&京花。
「人間の輪/和みたいな?(琴)」「三輪車の『輪』だね(京)」と正しいはずの助け舟を出されるも
理解しないまま手振りで押し通すらんぜ。
京ちゃんの頭に右肘が当たりそうなのを気にしてか、思いきり「輪」ポーズを取れない琴子。
それなのに「最後までグダっちゃう」と謂れなき非難を浴びる琴子...
琴子です、琴子です、琴子です...



大騒ぎのグダグダの「事故」レヴェルのわいわいキャピキャピ自由気まま放送ながら
われらが琴子はここで早くも
ななみん(橋本奈々未)いくちゃん(生田絵梨花)生駒ちゃん(生駒里奈)の流れを一部汲む、
譲れない自分とこだわりを強く持ちつつも全体を俯瞰で眺めることをも知り
しかも社会的リテラシー上の整合感をも考慮することのできる
司令官/軍師/勇将としてのポテンシャルを垣間見せています。
またそれを、わか(若月佑美)まりっか(伊藤万理華)あしゅ(齋藤飛鳥)の流れを一部汲む、
静かな個性派アーティスト気質を公私問わず日々自家培養する
遊軍にして無双の戦士として外部でも活躍できる人のポテンシャルの表れと捉えてもいいでしょう。



乃木坂は乃木坂の力で勝つから乃木坂なのだ。
2期生たちもまたそれを如実に示す素養を豊富に秘め、
それを出せる機会を繋がれた猛る奔馬のように待ちかねています。
システムがどんな理不尽と停滞を押し付けてこようと、
そもそもが人ありきの乃木坂ダイナミクスが毀たれることなどあり得ないのです。



※1
『生のアイドルが好き』は月1回不定日。
ニコニコ内「コミュニティ」無しのため「ホーム」URL無し。
直近過去の放送ページ跡は
乃木坂46がMCをつとめる新アイドル番組「生のアイドルが好き by dwango.jp」ゲスト:さんみゅ~/後藤まりこ
案内は ニュース(メディア一覧)- インターネット|乃木坂46公式サイト にて。
直近の過去案内例は 
ニコニコ生放送「生のアイドルが好き」放送日が2/25(火)に決定!|ニュース|乃木坂46公式サイト

『乃木けん♡ - Showroom(ショールーム)』
毎週水曜19時〜不定(40分強)。第3回は2014/03/05
閲覧のみなら誰でも手続き皆無で即時に可能(PCに限り)。
公式サイトの案内は
仮想ライブ空間「Showroom」にて、研究生(2期生)出演のレギュラー番組決定!|ニュース|乃木坂46公式サイト
最新の予定告知は
ニュース(メディア一覧)- インターネット|乃木坂46公式サイト にて。



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)