さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1

※前註
ソースが現時点では確かで詳細なものではないため予後は不可測ながら
「AKBG大組閣」とやらで捨て置けない事象があったため、
急遽、無関係に書き途中だった今エントリを未完のまま放っておきます。
あれが今後どんな影響を呼ぶことになっても、今エントリ趣旨に変わるところはありませんが。
本当ならもう少し先まで進めてポジティヴ方向に進展させた地点でリリースしたいエントリでした。
「あれ」がたとえば「誤報」みたいなものだったらむしろ安堵の苦笑ができるでしょうに...



どういうわけかボクは、
乃木坂46の輝かしく目覚ましい前代未聞の大成功を将来に思い描くとともに
破綻、空中分解、有名無実化、アングラ化、解散等を含めての
寂しく残念な、哀切の涙を催させるようなイヤ〜なエンディング絵図をも思い浮かべてしまいます。
美しいものは、美しければ美しいほど奇跡的で儚く長続きしないものに思えるからでしょうか。
「美人薄命」とか「散ればこそいとど桜はめでたけれ」とかいうヤツですね。
それは何もダークでドラマティックなものである必要さえなく、
単なる「収支」「コスト/ベネフィット」の問題として地味かつシヴィアに
フツーの企業体のフツーの経営行為のごく一部としてやってくるものだったりするでしょう —
端的に言えばソニー・ミュージックレコーズや乃木坂46合同会社やAKSが
「これはもう儲けを生まん、終了しよう」というふうに、あっさりと事後処理に移るような形で。



たとえほんの数十ヶ月でその繁栄期/全盛期が終わったものであっても
そのモノホンの作品自体で栄光が不朽のものであるような —
たとえばYUI、たとえばSPEEDなんかを想う時、ボクはその哀しみを感じずに済みます。
ヒロちゃんをテレビで見かけることがなくなっても
ユイちゃんがFLOWER FLOWER名義で新たに地道に自分の音楽を追究していても
そこには悲しむべきことなんぞなく、感謝と懐かしさ、なんなら続く期待があるのみです。



この先どうなるかはもちろん不定のことながら
「乃木坂46」が自作詞自作曲自演のプロパー音楽グループになることは
少なくとも100%にはないでしょう。
与えられる他人の土台プロダクトに歌声や画を添加して、
それが乃木坂46の音楽商売面での最終プロダクトとなるのですから
ウケるもウケないも売れるも売れないもやっていけるもやっていけないも
「他人のウデ」にあらかた懸かっている —
そうした「アイドル商売」の面は否定しようがない、ですね?



そいつぁあ因果な商売ですよ。
ドッグ・イート・ドッグ。乱戦混線レース。指標とみなせる基準なんかない。
ウケて売れて愛されて応援されて、最高のプロダクト/パフォーマンスでお返しする —
それができてるのかどうか、それはどうやれば可能なのかの判断基準さえないんです。
なんだかんだで「ウケ」りゃあ、
そりゃAKB48のようにあっちでもこっちでも嫌でも目にするようにはなる。
でも、目にしてるからって何にでもかんにでも
一般市民がATMのようにカネを吐き出し続けるわけでもない。
実はいつの間にか、人々は飽きて愛想を尽かしウンザリしてそっぽを向き始めてるんですよね。
プロダクト/パフォーマンスに人を舐め切った粗悪品が混ぜてあったらなおのこと。
そうすると広告主企業体だって持ちつ持たれつのメディア企業体だってそっぽを向くんです。



で、収支ゼロ/マイナスが破綻が撤退が起きた時の「責任」ってやつ。
われわれには与り知れぬところで
そりゃ会社員の誰かが降格されたり減俸されたりもするんでしょうが、
ガツンと目の前真っ暗級のノー、ダメ、ジ・エンドを食らわされるのは当のアイドル本人、と。
「残念だね、だがキミ/キミたちの『アイドル性』ってやつもここまでのものだったようだ、
 この活動は終わり、収支のマイナス回収のためきっちり最後の店じまいセール頑張ってもらうよ」
とでも言わんばかりの
地味でシヴィアな牙がアイドルだった生身の人間を叩きのめすように剥かれるのでしょう。



それはアイドル、とりわけアイドル歌手グループが見せる無尽蔵のハッピネス世界とは相容れない、
おっそろしくハードで醜く人間的なあまりに人間的な、
この世界の仮面の裏のむき出しの姿でしょうね。
アイドルのファンは、ファンであればあるだけ、その無意味な哀しさを憎んで泣くでしょう。
確かにそこに見えていたはずのその世界がまるごと、なかったことのようにされて消え去る —
単なるファンだった人ならまだしも、当のアイドルだった本人にはどれほどの傷の痛みでしょうか。



正直言ってボクは、乃木坂46の個々のメンバー全員に幸せになって欲しいと思ってます。
そして、その「幸せ」の形はどういうものであってもいいんです。
あと2、3年頑張った末
「あれ?わたしこういうの向いてないし好きじゃないかも」みたいに思ったコが
すっと卒業して保育士になったりライターになったりスタイリストになったりパティシエになったり
... それがそのコにとっての新しく見えてきた「幸せ」の形だったら、それはそれでいいと思えます。
でも同時に、それが「芸能界」や「メディア界」みたいなところに少しでも関わる仕事であるならば
それは乃木坂46という場/フォーマットの中でこそやって欲しいとも思います。
条件があまりにも異なりますが、
近くでいえば関ジャニ8、遠くでいえばSMAPのような、
ソロ/グループの緩い連合形態で活動できるような場に乃木坂46が発展していければ、
"漫画家:伊藤万理華、作家:橋本奈々未、コメディアン:高山一実、女優;若月佑美...
等を擁するスーパー・グループ:乃木坂46"
みたいなことだって可能なわけじゃないですか。



ボクが乃木坂46に前代未聞の、未知の無限の可能性を垣間見るのは
彼女たちのサイド/サブ・ワーク — 『乃木坂って、どこ?』やブログで見せてくれる
個人としての趣味・特技・熱中事、個人としての興味・関心・ライフワークが、
フツーでありつつフツーでない —
誰でもやってるわけじゃないがやろうと思えば誰でもやれなくはない、
そういう面から「女の子たちの代表」「女の子たちの夢見る世界の代弁者」たるパワーを
感じさせるからなのです。
「幸いなことに」とは一概に言えるものでもありませんが
7thシングル選抜発表あたりから2014/02/22のセカンド・バースデイ・ライヴあたりへ向けて
乃木坂のいわば「動きのおとなしい」メンバー各々に至るまで
「新しく、より強い前進への決意」の表明みたいなものが次々に見られました。
髪型の変化のような外見上のものから趣味・特技・関心事のよりつぶさな開陳までのそれらは
「わたしをもっと知ってもらいたい、わたしにはもっと持っているものがある」
とでも言わんばかりの
いま、ここで、すぐにでもできることを
「プロ仕事の発表」の場以外でも出していこうという決意の表れでもあるでしょう。
(エントリはここで終わっている)



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)