なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った

いや、「言って」こそいないものの生駒ちゃん(生駒里奈)はそう発信してますね。
『乃木坂って、どこ?』第121回:
「チョコを渡すとしたらどのメンバー!? 乃木坂バレンタイン」で
れかたん(桜井玲香)ひなちま(樋口日奈)に挟まれてのなーちゃん(西野七瀬)への告白タイムで
生駒ちゃんは『進撃の巨人』の「心臓を捧げよ」ポーズを取り、
以前よりのなーちゃん単推しを改めて示し ※1
併せて8thシングル・センター西野七瀬を全力で支援することを
自らの心へのみならず
生駒ファンへ向けても全乃木坂ファンへ向けても宣誓しているのです(おおげさ)。 



その初期に
ヴァルネラビリティと背中合わせの透明感によって広末/能年系の美少女っぷりを称揚された
生駒ちゃんはいまや、ななみん(橋本奈々未)と並ぶ無双の軍神/武将として
"乃木坂46は潰させない/潰れてはならない/潰れることは許されない"
"乃木坂46の途を阻むものには我が相手だ"
と言わんばかりのタフな強さを獲得し、
より疾く、より遠くへ、より自由に、そしてより高らかにハッピーに突き進むことを
待ち切れず猛り逸るような気の充実を随所で見せています。



一例までに。
「いくらなんでもそれを口に出しちゃうのか!」と先日ボクを驚嘆させたのは、
『乃木どこ?』第121回「8枚目シングル新選抜メンバー プライベート食事会」での彼女の発言 —
「まあ よく謂われる"アンチ"とかあるじゃん」
「どこにいっても居るけど 気にしたら負けだから」
でした。
広義のアイドル — 歌手アイドル、タレント、モデル、女優に至るまでのアイドル的存在は
基本的にプロに、事務所に「守られた」存在であり
法的なことでも絡まない限りは、如何なる説明責任もプライヴァシー提示も義務付けられません。
"アンチ"ことアンチ個人、アンチ活動、アンチ言説、イエロー・ジャーナリズムに関して言えば、
そんなものが存在さえしないかのように鷹揚に超然と構えていたほうが
アイドルにとってはそのプレステージが保たれる賢くおトクな姿勢のはずです。
ですが、年齢的/精神年齢的/リテラシー的に国民の3割から5割がたが「ゆとり化」した社会では
せっかく「ファン」になった人がゆとりメディアによってアンチ化するという
おかしな本末転倒さえしばしば起きることなのです。



生駒ちゃんであれ、ななみんであれ、なーちゃんであれ、乃木坂メンバーの多くは
「乃木坂46」という場/存在に
漠にして莫大な、夢見ることのすべてが自分でも未だ見えないほどの何か大きなものを
感じて懸けています。
ちょっとの成功、ちょっとの知名度、ちょっとのお金、なんかではなく。
懸けるところ、懸けた気持ちの大きさを鑑みれば
結構な大きさの痛みですら笑って忘れてあげてもいい、くらいの覚悟がそこにはあるのでしょう。
その由来・コンセプト・目的が「運営」側にとってどんなものであったにせよ、
採用されて集ったひとりひとりが、ならではの形の乃木坂46を必然的に不可避的に作り上げ
その形が各メンバーにとってかけがえのない、
一生の宝物、運命の出逢いのようなものだったからこそ
絶対に失いたくないし絶対に頓挫させたくない大切なものになったのでしょう。
そんな乃木坂46を愛する乃木坂46のファンは、誰よりもまず自分たちメンバー自身であるのだ、
ということの1.5周ほどした表明が
「気にしたら負けだから」「アンチには強い まったく気にしない(西野)」発言であり、
それは巡り巡っては、ファンのひとりひとりにもそのファン意識を問うものとも言えるでしょう。



生駒ちゃんファンであれ、まいやん(白石麻衣)ファンであれ、未央奈(堀未央奈)ファンであれ
はたまた他メンバーのファンであれ、
あなたはなーちゃんがセンターだからというだけで乃木坂ファンであることを休止しますか?
橋本奈々未のファナティックなファンでもあるボクは
誰がセンターであろうと気にすることもなく常に乃木坂に「心臓を捧げよ」ポーズを取り続けます。
甘えでも馴れ合いでもなく、ひとりひとりのメンバーのひとりひとりへのリスペクトが
「One For All, All For One」精神をどこよりも美しく体現している乃木坂46であるからこそ
ボクを魅了し続けてくれているのですから。






※1 一例として
2012/08/22 スカパー・チャンネル M-ON!(エムオン!)番組
「乃木坂46スペシャル 今宵はパジャマで女子会トーク!!」"彼女にしたいのは誰?"シークエンス
また
ナタリー - [Power Push] 乃木坂46「乃木坂って、どこ?」徹底解剖 (5/5) より
「私が推したい乃木坂46メンバー」



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)