鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』

乃木坂46ファンであればあるほど「全く面白くない!」「面白くないだけならまだしも不愉快だ!」
という最大限の罵声を浴びせた日本テレビ『NOGIBINGO!』でしたが、
『2』では驚くべき起死回生っぷりを見せ
テレビ東京『乃木坂って、どこ?』の不足点を見事に補完する傑作との誉れも高い今日この頃です。



『NOGIBINGO!』の敗因は
一般的な声としては「下品」「いやらしい」「乃木坂ちゃんを汚すな」
みたいなところが挙げられましょう。
ですがボクが思うには、そんなことより何よりも
「こんなんだったら乃木坂46でなくてもいい」「こんなんだったらどこの誰でも全く変わらない」
という、粗雑で十把一絡げで、ファンのみならず視聴者層全体を舐め切った
「どうせあんたらこういうギャースカ騒ぎを面白おかしくやってれば十分喜んでくれるんでしょ?」
とでも言わんばかりの侮りに敗因があったのだと思います。
それは何もこの局のこの枠に限った話ではなく、
近いところでいえば『はねるのトびら』のようなコント番組が
すぐに大型長尺ゲーム/イヴェントに特化された1時間番組と化し
そのため「ああ、またアレしかやってないのか」と視聴者から愛想を尽かされるのに似ています。
ぶっちゃけ、『NOGIBINGO!』のような番組では
ある日の放送のキャストがAKB、NMB、SKE、HKT、ももクロ...に
はたまたその辺の素人女子中高生たちに
こっそり入れ替わっていたとしてもクオリティが変わらないのです。



『乃木坂って、どこ?』がニッチながら神番組の称号を得て
「乃木坂を知りたければまず『乃木どこ』を!」という程のキラー冠番組となっているのは、
もちろんバナナマン両氏の手腕・尽力・思い入れもさることながら
何よりも乃木坂メンバーの個々のキャラクター/人格がまざまざと虚実の皮膜を超えて
「誰だか知らんがとにかくこの人は面白い/興味深い」という人間ドキュメンタリーの域に達して
強く迫ってくるからなのです。
(ここでは省きますが、エントリ36エントリ39をご参照あれ)
そこでは「乃木坂でなければ」「いくちゃん(生田絵梨花)でなければ」
「ななみん(橋本奈々未)でなければ」「かずみん(高山一実)でなければ」...の、
ならではのオーダーメイドの必殺のアブストラクトでナンセンスでポップな笑いが日々繰り出され、
おそらくは「アイドルなんかに興味ない」という人たちをも虜にする魅力を放っています。



「番組へのご意見・ご感想」や、おそらくはネット・リサーチの結果をも加味して
『NOGIBINGO!2』はがらりと、全くの別物と言っていい番組に生まれ変わりました。
そう、「乃木坂でなければ」「乃木坂ならでは」を考慮して
個々のキャラクター/人格を活かした、地味で静かに見えても深くプログレッシヴな方向へ
シフト・チェンジを図った結果でしょう。



第1回では
ファンのみならずメンバーにも不評だった『NOGIBINGO!』の問題点は何だったのか、という
メタ視点をそのまんまエンタテインメント化する
"乃木坂メンバーに『NOGIBINGO!』への愛はあるのか 隠し撮りで大検証" という企画で
鬼先輩の仮面で二期生の出番を気遣う生駒ちゃん(生駒里奈)
なぜか生クリームは譲りたがらないイミフなまいやん(白石麻衣)
滑舌の悪いスタッフのものまねをする奈々未先生
大御所のように不敵な態度の"私はいい人です"じょーさん(能條愛未)
プクっと頬を膨らませ不満を表すいくちゃん
生田絵梨花の代表作がビンゴ批判ウクレレ弾き語りではイヤと主張するいくちゃん
体を掻き続け無意識に嫌悪感を表してしまってるゆったん(斉藤優里)
『NOGIBINGO!』は絶対いいものなんかにならないとにこやかに頑なななーちゃん(西野七瀬)
『NOGIBINGO!』の企画は8割くらいやりたくないというなーちゃん
ヴァラエティは苦手なのでと泣き出し2回の休番権を獲得する(ウソ)なーちゃん
プロフェッショナルに嫌われ変態キャラを貫く "スゴいイイ人" イジリー岡田氏をキャラ殺し
と「乃木坂ならでは」「そのメンバーならでは」の面白さ満載で
好調なスタート・ダッシュを切りました。

第2回では目玉の2期生初登場で、コスプレ2期生と1期生のゲーム対決。
陸上部ユニで史上最大級の脚出しを恥ずかしがる堀ちゃん(堀未央奈)
新旧バスケ部デモ・バトルを奈々未先輩と繰り広げるりさこ(矢田里沙子)
かずみん名入りタオルで乃木ヲタっぷりを披露するかりん(伊藤かりん)
ファニーなふわふわキャラでなまはげ衣装でもかわいいあーちゃん(鈴木絢音)
乃木坂最高身長を達成してしまいそうなフィジカル・エリートっぷりと精悍な水泳キャップ姿が
眩しい中2の女子大生きょうちゃん(米徳京花)のエア背泳ぎ
女教師コスのタイト・ミニで伝体ゲームでもセクシー要素全開のまいちゅん(新内眞衣)
おでこ全開&剣道着姿で知られざる凛々しい美形っぷりをTV初披露した琴子(佐々木琴子)
などなどと、
1期&2期の大人数ゲーム対決企画としては非常にリーズナブルにならではの魅力が出ていました。

第3回は、『乃木どこ』では手を替え品を替えで定番の「妄想ドラマ化」ネタなわけですが、
公募によるファンの、そして漫画家:江川達也氏、SKE48の松井玲奈ちゃん、芸人:岡田昇氏の
錚々たる妄想投稿がグッドすぎるジョブをこなし、本家『乃木どこ』を凌ぐ勢い。
この道では四番打者、メンバーからの萌え賞讃も大きいまいまい(深川麻衣)
珍しく眠れるエロティック・ポテンシャルを開花させるれかたん(桜井玲香)
最後までマニアックに終始しどんでん返しもないドM妄想でヤンキーを演じるかずみん、
せいたん(畠中清羅)、じょーさん
ペットの犬に成り代わりたいという本名:岡田昇氏のコア妄想に応えるまいやん
と、順当&ユニークな妄想ドラマが繰り広げられる中、
圧倒的にプログレッシヴだったのはさすがの松井玲奈大先生の生駒ちゃん愛炸裂の妄想でした。
「禁断の...」と題されたこのドラマでは
一部(乃至は多数)の生駒ファンからも不評な、そしてボクも失敗でしょー?と感じる
生駒ちゃんのボブ・ヘアとその女の子らしさへの脱却トライアルを最大限に活かすべく
その道の大家;玲奈先生が腕によりをかけたヤバヤバの技巧的ドラマ作りをなさってました。
「玲奈とお泊り久しぶりだからすごい嬉しいな」から始まるそのドラマツルギーの強力さは
乃木坂46フィールドをはみ出して話題性を拡げるすばらしい援護射撃ともなったことでしょう。

第4回の "メンバー撮影の実家映像 完全流出" もまた2期生参加で
『乃木どこ』では「聖誕祭」や家族密告ネタで類似既出の企画でもありますが、
幼少時でなく現行リアルタイム、メンバー自身の撮影、選抜16、7名に限定されないフィーチャー
と、ちょうどいい「ずらし」による中毒者へのサプリとしての価値もよく出てました。
個人的に白眉だったのは、ちはるん/ちーちゃん(斎藤ちはる)家の伝説の「斎藤家の歌」。
作曲者のガタイの良いアメリカン趣味のお父さんの初心者ギター、作詞者の妹さんの初心者ピアノ
の素っ頓狂なバッキングで披露され、
「あのコは誰!?」現象を惹き起こしてしまいそうな妹さんの美貌がメンバーに賞讃されてました。
他には
撮影のみならず編集まで知らずに独力でやってきたかりん、
「えっ!神奈川で、庭に!?」と驚かされるモグラの盛り土を撮ってきたきょうちゃん、
大好きなのに嫌われてるという弟くんとイミフな絡みを無言で繰り広げるまっちゅん(松村沙友理)、
あたりが個人的にはアタリでしたね。



これはまあ、痛し痒しではあるし、それでこそそのクオリティが保たれてるとも言えるんですが
『乃木坂って、どこ?』はいつの頃からか、じわんじわんと段階的に
出演はシングル選抜の16、7名限定
特別な理由ある際のみ+α名
「レギュラー」が欠席したとしても補填メンバーはなし
編集後フィーチャリングされて残るのは数名の強力メンバーの強力なシーン
というふうに、少数精鋭による高密度な見せ場方向にカヴァー範囲が狭くなってるんですよね。
たとえばボクなんかだと「ななみん!いくちゃん!かずみん!ああ今回もさすがだった!」で
満足できるのはもちろんそうなんですが、それでもやっぱり「他」の楽しさも観たいわけです。
であればなおさら、「推し」が「主戦力メンバー」でない他のファンの哀しみはどうあらむ、と
『乃木どこ』だけでは到底満足にはほど遠いって感覚も分かるのです。
そんな中、まるで『乃木どこ』がどうしても取り漏らす領域を拾ってくれるかのように
多数のメンバーに順繰りランダムに出番を作ってくれる『NOGIBINGO!2』は、
ロクに期待していなかったにもかかわらず前作とは異なる優良番組になっていて
「ああ、日テレと"運営"間でよっぽどみっちり擦り合わせがあったんだろうなー」と
感心と感謝と可能性への希望を持って楽しみに観ているボクなのでしたー。



 



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)