上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性

半分苦痛、半分せせら笑いの横目、もひとつ半分同情や共感、と
1/3の純情な感情で(ウソ)毎回の「選抜発表」を観ているボクは、
今回の8thシングル選抜発表、その結果もそこから来る期待も残念も「やっぱりかー」も含めて
妥当で興味深く、順当さと意外性がほどよく混ざった「いい選抜発表」だったな、と感じます。
何より良かったのは、「ヒロイン性のドラマ仕立て」みたいなAKB系お得意の伝家の宝刀が
かなり急激にあっさり味にシフトしたんじゃないかな、という感が強かった点です。



前回エントリで書いたこととカブりますが、ボクは
乃木坂46というのはもう「日本全体」とか「世の中一般」「メディア界全般」とか
をとっくに相手としているべきであり、
いつまでもアイドル生息圏アイドル商圏でドルヲタ相手に
粗悪な「TypeA、B、C」商法なんかやってる場合じゃない、と思っています。
いや、別に買う人が何者であっても構わないんですが、
そんなんじゃたとえば新たにファンになった地方の小学4年生女子に
最終プロダクトとしてこれだけ買っといてください、と提示しようがないじゃないですか。
選抜発表で悲喜こもごもなんて乃木坂内ゲームは「世の中一般」に眼が向いちゃあいねえんですよ。



んっと、閑話休題。
あの種の「ヒロイン性のドラマ仕立て」ってのはですね、
結局は、病い膏肓に入って「ゲームに参加する気満々」のドルヲタによる
二重三重四重買いを促進させるための「装置」であるわけですよ。
で、そのゲームに参加する気満々の人はそれはそれで良し、ながら
一般ファンや「運営」やソニーや、さらには個々のメンバー自身がそれを
必須のもの、なしでは済まないもの、それありきでナンボのものと考え始めちゃったら
もうお話にならないのですよ。



関係あるかどうか、単なるボクのパロディ探偵風推理に過ぎないか、それはどうでもいいんですが
2014/01/30の現時点での公式ブログでは
いくちゃん(生田絵梨花)、まいやん(白石麻衣)、ななみん(橋本奈々未)という
疑いもなく「強力」な主要メンバーが選抜発表に対してのブログ記事をアップしてないのですね。
ま、じきに順当に更新されてボクの独りよがりプギャーになるんでしょうが
(そしてそれをボクは望んでいなくもないし、「推理はずれ」で全く構わないんですが)
もしかしたら1週間や10日ほど経ってこの3人が「平常運転」のフツーの記事で更新をして —
そのことによって選抜発表ゲーム、選抜ゲームへのいち抜けた宣言と新たな高次の不退転の念を
無言のうちにも効果てきめんに表明したとしたら
むしろそれこそ、その時こそ「待たれていた乃木坂メンバーの次なる覚醒」になるんじゃないのかな
などとしゃらくさいことを考えたりもしてしまうのでした。



んっと、また軌道修正。
濃い「ヲタ」ならずともファンならば、好きな「推し」のメンバーが
「福神」を落ちる「選抜」を落ちるのは、まあ残念なことではありますよ。
ボクだって個人的な感情からのみ言えば
ワカツキ(若月佑美)、いくちゃんが福神落ち
あしゅ(齋藤飛鳥)が選抜落ち
ゆったん(斉藤優里)、かなりん(中田花奈)選抜戻らず
琴子(佐々木琴子)、あーちゃん(鈴木絢音)、きょうちゃん(米徳京花)二期生から選抜ならず
あたりを「好き方向」から残念に思うし、更には
みさ先輩(衛藤美彩)、さゆにゃん(井上小百合)、川後P(川後陽菜)は落とさなくてよくない?
みなみ(星野みなみ)、らりん(永島聖羅)、じょーさん(能條愛未)は選抜入れてよくない?
ちはるん(斎藤ちはる)は初選抜入りしてよくない?
と、ムード・メイキングとか機会均等性とかメンタル・ケアとか貢献性とかの多数の局面から
ウンザリするくらい大量の「もし」の話が沸き起こりますよ。



でも、じゃあ
あくまで一例にすぎない、上のようなファンの思いつき要望を全部ほいほい容れてたら
いったいどんなグループ/フォーメーション/パフォーマンスができあがりますか?
たとえば十六福神、36人の選抜メンバーがごちゃごちゃと見分けもつかないモブとして動く?
それはもう乃木坂46じゃないじゃないですか。
ファンであるあなたの「推し」が「受かった」時、その脇では誰かの推しが「落ち」ています。
妥当に順当に誰も落ちない、なんてことこそ不可能なわけです。
だからこそメンバーには「落ちた〜!もうこの世の終わりだ〜!わたしの目はない〜!」みたいな
言い分も落ち込みも自己不信も、必要ないし、百害あって一利なし、時間の無駄、なのです。



おやおや!タイトルは「ダブル5トップの可能性」でしたね。
これはですね、上のような阿鼻叫喚地獄に落ちてるファン、
殊に「八から五に枠削減とは何事か!」「誰々を落とすくらいなら誰々を落とせよ!」
というファンの方々に向けて、
目先を変えてみてはどう?よかったら落ち着いてみて?
とちょっくら思いついた推理をば披露してみようと思ったんですよ。
「五福神」の前列5人と中列の5人は、もう「張って」いてどっちがどっちでも構わないんですよ。
そうすると8th表題曲では、素早いフォーメーション・チェンジの連続で
前5中5で競り合うようにしての、真ん中左右さえも関係ない、
ひとりひとりが十分フィーチャーされての5トップx2の10人フロント、
なあんて見せ方、見せ場の作り方だってできるわけですよ。
さらにはひょっとしてひょっとすると「両A面」ダブル表題曲、なんてこともあり得る、と。
小さいパイの取り分を獲り合うのでなく、単純にパイが2個になる、と。
そしてそれが全方向で「福神」を「選抜」を実質上無化するようなところまで進めば
その時こそ乃木坂46メンバーが全員輝く時になるんじゃないですかね。
そんな時が早く来ればよかろうなのだァァァ!!



※ちなみにこのブログでは、
以降桜井玲香ちゃんの呼び名を「キャップ」から「れかたん」と改めます。
柔らかイメージへのご本人リクによりいくちゃんによって作られた「れかたん」こそ
(参照:オンザウェイバックトゥ東京 〜don♪54 | 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ
「キャップ」呼びをひそかに気にしてたらしき彼女へのファンからの無言の声援となるでしょう。



  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)