乃木坂46時間TV troisへの期待とじゃっかしの心配


さあ!明日から3日はみんな大好き乃木坂46時間TVですよ〜

と、普通なら双手を挙げて喜べるはずの『乃木坂46時間TV』第3弾、ですが
ボクはじゃっかしの、あるいは結構な危惧感から心がざわざわしてます。
いろんな要素が複合的にあり過ぎて考えがまとまらず、感情のキャパシティーを超えてる、みたいな。
何がなしあああって言いたくなる気持ちを浄化してすっきり挑むためにも
まずその危惧の由って来たる状況予測を吐き出しておきます。
もちろん、それらがあろうとなかろうと面白く興味深い時間の総累計さえあればそれでOKなんですが。



3/23金の19時スタートで、24土、25日の17時まで、というスケジューリングは
まあ、前後の戦略大枠スケジューリングから苦渋の、必然の、なけなしの選択肢だったとは思いますが、
ここからイヤな予感を多分に含む3分割大枠策が見え隠れするのは否めないんですよね。
即ち
1日目 - 1期2期/お姉さんday、2日目 - アンダー&3期生day、3日目 - 選抜&3期生day、みたいな。
第1弾、第2弾ではメンバー及びスタッフさんの疲労疲弊も結構なものだったでしょうし
それを何らかの柔軟なチーム分割ローテーションで軽減していくのはむしろ望ましいことなんですが、
今回のそれには「運営の見せたいもの」という恣意が多分に入ってるんじゃないカナ?、と。



一部、具体的に見てみましょう。
内輪でフレクシブルに変える、というわけにはいかないデカい制限が今回はドラスティックにあって、
24土の「乃木坂46の『の』公開録音in富士急ハイランド」と伴う3期生ミニ・ライヴ
25日の19thアンダー・チームによる個別握手会 at 京都国際会館
の2つがそれ。
3期生は、開場の13:30から終演15:00、そしてその前後含めて最低数時間は都外にいて
必然的にそれは、中継含めて2日目の日中のメイン・コンテンツとなるはずです。
反面、そこから逆算すると、18才以上高校卒業済みであっても
あやてぃー(吉田綾乃クリスティー)でんちゃん(佐藤楓)みなみん(梅澤美波)の
23金の夜、殊に深夜・未明帯の出番はない、に等しいでしょう。
いずれにせよ1日目は19時からなので深夜・未明から翌朝は1期2期中心の放送となることでしょう。

同様の、そしてより惜しまれる状況にあるのは
25日には朝から番組終了時まで京都で個別握手会の最中である19thアンダー・チーム。
当然 ”京都会場から生中継” みたいなていでの出番こそあろうとも
何かみっちりと充実したコンテンツを放てるような余地・余力はないはず。
なおかつ、放送時間中にあたる第1部(10:00〜)から第3部(〜16:00)では
ろってぃー(川村真洋)いおり(相楽伊織)まあや(和田まあや)琴子(佐々木琴子)しか
手が空いてないのです。
ただでさえ大変な握手会の合間合間の30分/1時間の休憩時間やその開始前に
ちょこんちょこんと「中継で〜す」みたいなことをやれる/やるべきとは思えません。
「ファン」とはいえ一般の人々も交えての握手シーン中継などはなおさら。
あるとすれば、卒業を控えたろってぃーの最後の握手会ということもあって
第3部・第4部間の30分休憩に大きく差し挟まれる何かしらはあるかもしれませんが
関係者全員の負担の大きさを鑑みればあまりに労多くして功少なしで、やらずもがなでしょう。
そしてここでも逆算するなら、
19thアンダー・メンバー各々のメイン出番は24土の夕/夜早くには終えられているべき、と言えます。
そうなると3日目のわちゃわちゃの中心は都内の選抜&3期生... となってしまうんでしょうかね?



タイトルに冠した「じゃっかしの心配」のほうばかりが思いがけず噴出してしまいましたが、
発表されている数々の企画、その好テンポ好割り振りでの披露には
それだけでも十分満足できるものとの期待はボクも寄せています。
生放送ものでも収録Vものでも「普段は観られない乃木坂46」が観れるのは間違いないですからね。
でも第1弾・第2弾で見られた、1期/2期、選抜/アンダー問わずの、あらゆる順列組み合わせゆえの
「発見」的歓びは、スケジューリング上からも随分減る気がしてなりません
3期生の ”アンダー合流” も公式サイトで明らかにされた今、
逆行するような「分断統治」的時間配分が表れていなければいいな、と願うばかりです。
「期待と」とタイトルには半分冠しておきながらネガティヴな心配満載で
こんなにも長文本当に申し訳ありません...
願わくはボクの余計な心配が杞憂に終わり
たくさんのコーナー/トピックに関してまたたっぷりとみっちりとしたエントリ群を書きたくなるような
そんな番組になりますように。



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)