華のあすか組に俟たれる個の力の乱舞


義か? 大義か?
ああ〜〜 
関さんから流民までみんなが寄ってたかってぶち込みやがるからよぉ
自分じゃ量れねえほどでっけえ義になっちまってる

だがよ まだ大丈夫だぜ
おめえがどれだけでけえ思いをぶつけてこようと
おいらの嚢(ふくろ)にゃまだまだあきがある  (劉備)
—『蒼天航路』その三百二十九 より



2017年8月号『BUBKA』は
「神宮直前! 真夏の36ページ総力特集」を冠した乃木坂46フィーチャー号でしたが、
そこでむしろ天下の耳目を引き期待で沸かせ笑わせたのは
第1スリック部 "坂道ページ" の末尾にこっそり仕込まれた
欅坂46の志田愛佳ちゃんのお戯れインタヴュー企画「モナ王国誕生!!」だったでしょう。
ボクを含めて、ニュートラルかつシヴィア買い物上手な坂道シリーズ・ファンは
BUBKA編集部のツイッター・アカウント @BUBKA_henshuubu による事前の表紙紹介から
あるいは熱のこもった駄目押しの迫撃砲ツイートから    ※1
「OK、最悪でもこのもなのインタがオモロそうだから合わせ技1本で購入決定!」と
背中を押されてる可能性大、でしょう。
各「運営」との擦り合わせの都合もあって「今号は欅にはページを割けない」という時でも
なけなしの目玉担当として「困った時の志田愛佳頼み」が成り立つ —
若く躍動する次代の言説アイドルの器と期待され度とウィン-ウィン関係がそこには窺えます。



このごろ流行りの「乃木さんアンチ流れの欅ちゃんヲタ」でもあるまいに
なぜボクがそんな口はばったいことを言っちゃってるかといえば、
言説アイドルの第一人者:乃木坂46への期待の大きさとその長き小休止への不安から、となります。
タイ国政府観光庁コラボに代表されるように「精鋭メジャー仕事」のグレードをますます上げてゆく、
そして「全体仕事」においても埋められない大バコはもはや存在しない程の乃木坂46。
「遅すぎた罪滅ぼし」よろしく2期生曲&MVの18th登場も発表され
「2期生ライブ」も射程範囲内に、3あるいは4チーム展開も不可能事ではなくなった乃木坂46。
でも、その高速化・大型化に伴い、いわば「振り飛ばされる」メンバーが出てこないとも限りません。
そんな中、ボクのそんな杞憂にも似た危惧を共有している可能性濃いメンバーとして浮かんでくるのは
乃木坂の新たなる若き「硬い殻」:あしゅ(齋藤飛鳥)なのでした。



「グループとして、いまくらいの時期が一番危ないのかもしれない」  ※2
「みんなが集まった時にどういう化学変化を見せるのか。そこが難しくなってきてるんじゃないかなと思う」  ※3
と、最近では『EX大衆』'17年3月号・5月号で語っているあしゅ。
どれがどうとまでは言ってはいないものの
「グループとして」「みんなが集まった時」と来て「危ない」「難しくなってきてる」といえば
乃木坂ファンの多くが、『乃木坂工事中』の長きに亘る「不発」回の連続っぷりを
もしくは『NOGIBINGO!』各シーズンや、なんなら『乃木坂46の「の」』のそれをも
思い浮かべないでいるのが難しい、と胸の内では否めますまい。
そしてそれは、けっして誰・何のせいと一概に決めつけられるものでもないながら
ひとつには、「個の力」の予見されざる誤った使われ方、
もしくは「キャラ」「てい」「フリ〜オチ」の、自然リソース枯渇と人口リソース開発・濫用
が理由にあるでしょう。
取りも直さずそれは
広範でリアルでディープな個の力と関係性ダイナミクスの発掘・発露をさて置いての
手っ取り早く使いやすくも発見の喜びに欠ける「定番頼み」の足踏みが続いている故の蹉跌でしょう。



自画自賛・我田引水の責めを恐れず例を出してみるならば、
たとえ無垢を失っても — 至弱より飛び立ち至強へと羽ばたく鳳凰:飛鳥
たとえ世間を失っても — 天下を増やし更なる「外」へと羽ばたく飛鳥
わざとやってます感の魔術師 — 齋藤飛鳥の粋なアイディア伝染す
無礼講空間の魔術師 — 齋藤飛鳥の愛の合気道承伝さる
と、過去エントリで採りあげた『乃木のの』の各回は
イタズラでイジワルなツッコミ・イジり・お戯れのやれる未央奈(堀未央奈)という新タレントが
あしゅの融通無碍の合気道によって花開いたランドマークと言うべきコンテンツでした。
それは、自然発生的でありのままでリラクシングでありながら同時に高度に満足保証な
アイドルネスの発露・誕生の瞬間の好例だと言えましょう。
「怖くない、ほら怖くない」と「怖いよね、わたしもほんとは怖いんだよ」を両方、
そしてさりげなく出していける、それでいつの間にか人をリードしていけているという
あしゅのキングメイカーっぷりを如実に示す例でもあります。
そして『工事中』に顕著に寄せられるファンの怨嗟の声のコアは主に
「化学変化を見せる」ことの欠乏に向けられたものであるはず。
前回エントリ末でも触れた年少メンバーたちの「作戦会議」にも窺えるように
ヴィジョンとシンパシーとコミュ力の知られざる大家:齋藤飛鳥の水面下の闘いに
深く静かに寄せられる期待と動きは、あながちボクの妄想の産物でもありますまい。



一方でそれはまた、「新たに『チーム』がまたひとつ」に留まるものではなかろうというのが
状況証拠的にも推測されます。
先述の「作戦会議」メンバーの内、
よく知られたあしゅの仲良し:きいちゃん(北野日奈子)いおり(相楽伊織)に比すれば
ひなちま(樋口日奈)はいわば意外な新顔の参画者です。
それは逆説的にこの「作戦」や「会議」が
仲良しによるチーム作りとは一線を画するものであることを窺わせます。
いおりが「真夏さんリスペクト軍団」の一員であることもまた然り。
もしあしゅがその新旧の、広くに亘る仲良しの輪を手繰れば、上記3人に加えて最小限でも
「真夏軍団」から渡辺みり愛、「スイカ」から伊藤純奈、「チューリップ」から高山一実・斉藤ちはる・
能條愛未、無所属の新内眞衣・中元日芽香、等々々々を引き入れることも可能でしょう。
だがおそらくこの会議、あるいは秘密結社、あるいは「華のあすか組」はそういうものではない...



っと、話が拡がりすぎる感があるので続きは次回といたしませう。
でき得れば迫る7/9の18th選抜発表の前までに。


 


※1
17/06/22、23:21のツイート
https://twitter.com/BUBKA_henshuubu/status/877894441247395840
"BUBKA8月号の表紙が解禁!すでに色々話題になっていますが、とりあえず欅坂46ファンは「モナ王国誕生」の歴史的瞬間をお見逃しなく!ちなみにモナ王国は独裁国家です。あと、先に言っておきますが、王国民が誰なのかもこのインタビューで判明します。(坂道担当) #欅坂46 #モナ王国誕生"

※2 
『EX大衆』2017年3月号「似ているふたり。 齋藤飛鳥 寺田蘭世」より
— 21人の選抜は "総力戦" という印象があります。
飛鳥)グループとして、いまくらいの時期が一番危ないのかもしれない。一致団結しなきゃいけない時もあるので、いい方向に持っていけたらいいなと思ってます。

※3
『EX大衆』2017年5月号「表紙連動インタビュー 齋藤飛鳥」より
— 最近、番組や取材で「いま大事な時期なので」と話してますよね。
言ってますね。油断しやすい時期なんじゃないかと思って。
— そうならないように個人個人が気を引き締めなきゃいけない。
いや、個人個人の意識の持ち方はバラつきがあっていいと思うし、そもそもみんなしっかりしてると思うんです。でも、みんなが集まった時にどういう化学変化を見せるのか。そこが難しくなってきてるんじゃないかなと思うんです。単純にメンバーが多くなったこともあって。


  






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)