未来はいつだって新たなときめきと出会いの場 — 琴絢に見る乃木坂ちゃんの知的タフネス


何にもわかっていないんだ 自分のことなんて
真実の叫びを聞こう さあ
— 乃木坂46 「君の名は希望」より



乃木坂界隈タームでの「琴絢」というのは
もしかしたら「生生星」「白橋」に負けないくらいに思い入れを持って使われるコンビネーション名で
もちろん琴子(佐々木琴子)&絢音ちゃん(鈴木絢音)のことを指しています。
過去には「琴絢京」もしくは「琴絢米」と、卒業した米徳京花ちゃんを含めての呼称でした。



同学年で元「四姉妹」の1人:蘭世(寺田蘭世)自身の熱い想いにもかかわらず   ※1
「琴絢蘭」を凌いで「琴絢」が頻用されるのは
この2人が並んだ時の何とも説明し難いインパクトの強さ、
そしてそれ以上に、2人にある種通底する人格・人当たり上の静かな強さと頑なさが
飛車角や阿吽や龍虎にも通じるシンボリズム的な据わりの良さを醸し出すゆえに、でもあるでしょう。



ボクを含めたそんな琴絢ファンにとって
16/11/21(22未明)の『NOGIBINGO!7』の「第1回 クイズ ささきとすずき」は
予想どおりの常なる笑いの武に加えて、軽い衝撃と心配の種をも含むものとなっていました。
マイペースで合理主義で低体温の2人とはいえ、ロケ地への車中とカラオケ店内での沈黙のシーンは
「琴絢どうかしたの?」「俺たちの琴絢がぁ〜っ!」みたいな阿鼻叫喚をも招きかねないものでした。



しばらくあっての17/02/18発売『FLASHスペシャル グラビアBEST 2017年早春特大号』で
琴子&絢音ちゃんは対談インタヴュー「2期生の現在とこれから」に臨みます。
本題の筈の「今注目の2人が語る2期生メンバー11人の魅力」をさて措き、
イントロからさりげなくも鋭く水を向けるインタヴュワー氏に琴絢は...

— 2人は最近、それぞれ真夏リスペクト軍団、さゆりんご軍団としての活躍も増えてきましたが、相変わらず謎多きメンバーとしてもよく話題になってますよね。
鈴木)昨年末に『NOGIBINGO!7』(日本テレビ系)で「クイズ ささきとすずき」という企画を組んでいただいたのもあって、へんな人って思われることが多くて。
— 不思議な雰囲気がクローズアップされがちですよね。
佐々木)変わってると思われるんですけど、そんなでもないですよ。
鈴木)私は、あまり話はしないけど、話すことが嫌いではないんです。だから話すとはっきりしゃべるので、イメージと違うねってよく言われますね。
— 2人は仲がいいんですか?
鈴木)琴子とはお互いに地方から出てきて、一緒に寮暮らしをしていました。
佐々木)だから一緒に過ごしてきた時間は長いかな。
鈴木)でも、今はもう別々に暮らし始めたので、それからはあまり会わないよね。
佐々木)今日は「クイズ ささきとすずき」ぶりかな。
鈴木)...久しぶりですね。
佐々木)...ですね(笑)。

笑いドーン!これぞ乃木坂、これぞ琴絢!といういきなりのプログレッシヴでメタなジャブです。
既にこの時点で2人が寮を出ていたというのも確か初出しの驚き情報ですが、
それ以上にこの飾らなさ、繕わなさ、
ファンもアンチも両極で沸きそうな物言いを含み笑いのメタねたとして提示してしまう
怖れ知らずの肝っ玉と知性。
「カップリング」で推されようとも頓着せず、それが幕引きになろうとも頓着しない。
「わたしはわたし」を頑ななまでに通すがゆえに揺るぎない支持を集める2人の武の真骨頂が見えます。



そして、意外やこの流れ、琴絢のほうからもうひと息のダメ押しが...

— と、独特な空気感を持つ2人に、今日は2期生メンバーの魅力を紹介してもらいたいと思っています。
鈴木)私はメンバーとはそんなに絡みがないというか、そもそも関わりも薄いほうなのでうまくできないかも。ふだん遊ぶこともあまりないですし。
佐々木)私も仲良くなって裏切られるのが怖いから、こっちからすごい壁を作っちゃうタイプなんです。すごい嫌われちゃうかもって気にして。だからそんなに語れないかも。
— いきなり前途多難な感じですが、とりあえずやってみましょうか。(後略)

始めてみれば実際にはこの後、理知的な2人の鋭く楽しく新規性に満ちた2期生紹介が続くのですが、
ボクは殊に琴子のこの言に胸を打たれる気持ちがしました。
 仲良くなって裏切られるのが怖い
 こっちからすごい壁を作っちゃうタイプ
 すごい嫌われちゃうかもって気にして
— それはボクがもややんと以前から気になっていた、
そして『乃木坂46時間TV(1)』の「乃木坂電視台 - 琴子のお悩み相談室」で一部確信した
琴子の人当たり・ひととなりに窺えるセンシティヴさのレジュメと言える言説です。
当時のエントリ116でも長々と聴き書きしたのを引用すれば —
琴子「で それで なんか今も この感じだと ふわふわってしてるから
そう ここにかりんちゃんが入ることで 司会が生まれるんです」
花奈「あぁ〜 ごはんに司会が必要だ、と!」
琴子「そうです ごはん... 遊びにも司会が必要です まとめる人が必要なんです」
花奈「意外と しっかりしてるんだね 琴子ちゃん」
琴子「いやいや 失敗したくないので」
花奈「ん? 2人で行ったら 失敗になっ...」
琴子「あ なんか 失敗して なんか関係が悪くなったらヤだなって...」
花奈「そ そうだよね そうだよね じゃあ... ね!今後も仲良くしてください」
琴子「はい じゃあ 今度 3人でごはん行きましょうね」
— 琴子は
せっかく仲良くなりかけた人、仲良くなれそうだと思えた人と
ちょっとした食い違い・行き違いで仲違いしてしまうことを怖がるあまり
それならむしろ自分をフルに出すことは抑え控えて、ゆっくり近しくなっていこう
と考える性格の持ち主なのだと思えます。
ある意味、そういう部分でも似たところがありそうな絢音ちゃんとは
しょっちゅう仲良く遊びに出かけたりはせずとも、通じ合うものがあるのだと思います。



そんな琴子と絢音ちゃんですが、同期2期生に向ける目は鋭く深く温かいものです。
中でもボクが希望と可能性の種を感じたのは、以下のような琴子(&絢音ちゃん)の言。

・いおり(相楽伊織)について
佐々木)伊織は、すごいしゃべりやすいコです。コミュ力が高い。
・まいちゅん(新内眞衣)について
佐々木)面白いコで、メンバーのなかで私がいちばん友達になりたいなってタイプ。ところどころ変わってるっていうか。
鈴木)ちょっと抜けてるところがあるよね。一見、しっかりしてそうな感じがするんですけど、実際はしっかりしなきゃっていうのが空回りしてて。
佐々木)で、焦ってるときがいちばんおもしろいんだよね。
・蘭世について
— 続いて寺田蘭世さんですね。けっこう、熱い発言が多いイメージがありますが。
鈴木)有言実行のコだなって思います。言ったことは必ずやるし、達成させる。
佐々木)マイルールっていうか、自分の意見をちゃんと持ってるっていうか。それで思ってることをたくさん話してくれるんです。
— どんな内容なんですか?
佐々木)えーとなんだろ。大人に媚びても意味はない! みたいな(笑)。そういう話をよく一方的にしてくれます。で、私は思う思う! って言いながら聞いてますね(笑)。
鈴木)私、蘭世は今年来るんじゃないかなって思ってるんですよね。すごく人気が出る気がするんです。

自称「コミュ障」の琴子が、相手のコミュ力と面白さに注目してるのが窺えて興味深いです。
実際寛いだ少人数仕事の場では、琴子はむしろツッコミ鋭い面白がり屋さんなのですよね。
琴子大好きっコで知られる蘭世に対しての絶妙な語り口もさすがです(笑)。



実はこれまでにも数々のデュオ、トリオ売りへの運営のプチ試行を経てきている琴子。
直近ではもちろんさゆりんご軍団の一員としても活躍する琴子。
ところがこの対談インタヴューでの終盤に、絢音ちゃんからの端倪すべからざるエール言説が —
...っと、見切り発車で始めてみたところ予測を超えた長さになりましたので
次回、まだたっぷりみっちり続けましょう。



 


※1
いち例に、『EX大衆』2017年1月号「蘭蘭蘭世の飛龍革命」より
— 最近番組で鈴木絢音さんが注目されていたりして、寺田さんと鈴木さんと佐々木琴子さんの台頭を期待したいところですが。
絢音ちゃんの活躍は自分の頭を使って結果を出したからこそだし、この前、琴子とは2人で真面目な話をしました。加入当初から「頑張ろうね」と話していたし、自分で言うのもなんですけど3人はトータルバランスがいいと思うんです。ここ(頭の中)には佐々木と鈴木と私で、乃木坂46に何か形になるものを残すというビジョンはあります。


  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)