溢れよわが感情、と鈴木絢音は言うか — 絢音大地に立つ(3回目)

世慣れなさと生真面目さと芯の強さゆえに、時に飾らなさとそっけなさが過ぎて逆に笑える —
そうした鈴木絢音ちゃんのオモシロ武がやっと注目を集め始めた中、
16/06/10〜12の『乃木坂46時間TV 2』は
絢音ちゃんの多岐にわたる自然な魅力が随所でちょこちょこと披露される好機となりました。
「中田花奈プレゼンツ 『踊ってみた』選手権」パート1では
アルコ&ピースの平子氏に「発見」され動画へのコメントにスパルタ教育を施され、
「電視台」の「ガンプラをイチから完成させよう!」では
熱中肌と几帳面さでガンプラ作りに没頭するあまり、普段どおりの男言葉語尾メイン口調を多用し、
「スタンバイ2ショットフリートーク」ではまいやん(白石麻衣)相手に
意外なくらいに物怖じしない積極&キャピキャピ姿勢でテンポのいいベシャリを見せ、
等々と、硬軟自在にその場に応じたアイドル力を出せていたと思います。
「2期生メンバー生誕祭」では、
お母さんからの情報に「家族でいる時は『お山の大将』のようで一番よく喋る」とあり
応えての「昔もっと天真爛漫だった」「ちょっと暗くなったよねーw」が印象的でした。
大丈夫、大丈夫。
最近の『乃木坂46の「の」』でもいにしえの『乃木坂って、ここ!』でも
絢音ちゃんの天真爛漫なかわいさはちゃんと出てますからね。
「2期生で『乃木ここ』やっちゃいました! 前篇」
「2期生で『乃木ここ』やっちゃいました! 後篇」
付け加えてボク的には、小場所ながら3日め昼の電視台中のスタジオ・トーク席での
わか(若月佑美)のスマホ指描き作品の作成メソッドに理知的予測を立てる姿、
海老を描くれかたん(桜井玲香)に "足は16本" と陥れをカマしクスクスしている姿、に
理知と稚気を併せ持つ絢音ちゃんの魅力が凝縮して象徴されているように感じました。



あやねふる6月、看板TV番組でもさらに絢音ちゃん推しが加速します。
16/06/14の『NOGIROOM(4)』第10夜では、みりあ(渡辺みり愛)から
公園のクジラのスプリング遊具に寄り添い満面の笑みの絢音写真が紹介され、
「あ、ブランコ乗ろ」と通りすがりの公園にみりあを誘ったエピソードが暴露されました。
絢音ちゃんの言い分では
「一人でいる時って なんか おかしい人に見られそうで乗れないじゃないですか
 だから せっかくだから乗ろうと思って」
とのこと。
図らずも、幼児と大人が同居する絢音テイストの内訳レジュメとなってますね。
乃木坂には「おかしい人かつちゃんとした人」が大勢いるのですから
乃木坂現場ではそういう部分をむしろ出していきましょう。



16/06/19(20未明)&06/26(27未明)の『乃木坂工事中』は2週続けての
「父の日だからお父さんに色々聞いちゃいました」。
最初のコーナー質問は「なぜあれをやらないんだという娘さんの特技は?」。
絢音ちゃんの番が来ると、お父さんの回答が出る前から軽くアペリティフの一幕 —
既に何かを予感してかもやんと「能面」を決めこむ絢音ちゃん。
設楽氏「どうした?」「なんでそんなスローな感じなの?」
「なんで... おばけ意識してんの?」「テレビで やりたくないんだろうね もしなんか出ても」
「乃木坂いち 声を発さない女 だもんね」
文字にすると散々な言われようのようですが、
もちろんこれは、バレンタイン回でオモシロを発見した設楽氏ならではの好煽り。
そしてまるで被せるようにの、お父さんからの回答:
「特技よりも... 売れる努力をしてくれ とにかくテレビでもっと喋ってくれ」
はわわっともやんっとシュン... と反応する絢音ちゃん。
最後はヤッホー教の教祖:日村氏の力技でオチのこのくだりでしたが、
大ウケで反応している主に1期生選抜メンバーに対して
我が身を顧みてか軽くもやんとしている2期生&1期生年少メンバー、というのが印象的でした。
乃木坂の笑いはメタな笑いなので、喋れないのももやんとするのもまた正解なので大丈夫!ポジピース!
尚、この後のかずみん(高山一実)の "お金の増える財布" エピソードでも
感動で涙を流すかずみんの横でニュートラルな絢音ちゃんに振りがあり、
「あんなに感情をむき出しにする鈴木は見たことがない」との被せで
低体温キャラ・冷静キャラのトス&スパイクのセット確立へのもう一押しもありました。



2週めの延長戦での絢音ターンは
「娘を嫁に出すならどんな男性が良い?」コーナー。
絢音パパの回答は
「嫁にやるなら、とにかくお金持ち。男は見た目より性格。と、お金。」
絢音ちゃんのお父さんは、実はよく判った上でのネタ振りをやってらっしゃるフシがありますね。
対しての絢音ちゃんは、無言で左右に首を傾げ、納得いかないらしきもやん顔。
乗じて設楽氏、世のお父さんがたに為り代わってのごとき小芝居を仕掛けます —
「やっぱ でも お金だって言ってるよ?」
絢音「えー...(首を傾げ 言葉を呑みこむように)
設楽氏「わたしが好きになる人は お金とか関係ないってこと?」
絢音「う〜ん 自分がピンと来た人であれば誰でもいいと思います」
設楽氏「でもお金なかったら生活できないんじゃない?」
絢音「う〜ん でも私も働きたいので...」
設楽氏「でも 働いてもいいけど
    裕福な暮らしを娘にはしてもらいたい、っていう父親の願いなんじゃないかな」
ここでちーちゃん(斎藤ちはる)
「絢音ちゃんに頑張ってほしいなって思って すごい 念を送ってました」
でひと笑い&一段落。
続けて設楽氏
「でもお父さん こういう人がいいなって思ってるから だから聞いたほうがいいよ これも」
答えて絢音ちゃん、天然の武をぶちかまします。
「はい... お金、『お金ありますか?』って」
そんな話ではもちろんないですね。
被せてカメラ目線での「お金ありますか?」は絢音史上屈指の語り継がれる名シーンとなることでせう。



その後、絢音ちゃんは
16/07/28のCSフジ『ラーメンWalkerTV2』
16/08/20のニコ生『秋元真夏リスペクト軍団軍団員全員生出演SP 新メンバーも登場!?』
16/08/21のテレビ東京系『ガンダムビルドファイターズトライ 夏休み特別編』
と、立て続けのソロ/チーム出演の動画コンテンツで武勲を重ね
喋れるし笑うしちゃんとしてるし、のタレント力をしっかり発揮します。
元々コアなファンならちゃんと観て知っていた絢音ちゃんの魅力が
乃木ヲタ・乃木坂箱推しファンにはもちろん、一見さんの一般の視聴者にも広く伝わる好戦陣でした。
いつものようにまたもったいないので、この3編については次回にでも。



遡るに16/07/12、絢音ちゃんはブログで
何かしら深く想うところあってらしきエントリを物していました。

月3冊。| 乃木坂46 鈴木絢音 公式ブログ より
「先日、ある方々からお話を伺う機会をいただきました。
 自分の未熟さを痛感し、自分に厳しくありたいと改めて思いました。
 これから更に頑張ります。
 応援していただけたら嬉しいです。」

文言からは、「運営」上層部のというよりはむしろ「外部」の、
たとえばバナナマン両氏、アルコ&ピース両氏
たとえば飛行機関係(『別冊カドカワ』より)
たとえばガンダム関係(『EX大衆』「nogimate」より)の、
直接の縁故・利害関係のない第三者からのアドヴァイスという感じがしますが、
それでこそ実は人一倍社会性の発達した少女:鈴木絢音に奮起をもたらしたのでは、という気もします。
今夜10/16(17未明)の『工事中』は16thシングル選抜発表。
いつものことながら、いつもにも増して「正念場」である筈のこの選抜で
2期生未選抜組に、そして鈴木絢音ちゃんに、追い風・神風が吹くのが俟たれます。



  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村






  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品



スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)