わざとやってます感の魔術師 — 齋藤飛鳥の粋なアイディア伝染す


マヤ「初号機もATフィールドを展開、位相空間を中和していきます」
リツコ「いえ、浸食してるんだわ」
—『新世紀エヴァンゲリオン』第弐話 より



すっかりタイミングを逃してしまっていまさらながらの感もありますが、
16/04/03より始まった10代めMC:みおな(堀未央奈)による『乃木坂46の「の」』、
その序盤戦としては驚異的なデキとなった2回め(通算第158回)の
あしゅ(齋藤飛鳥)&みりあ(渡辺みり愛)ゲスト回は
隠れ2期生にして未来の乃木坂リーダーである飛鳥さんの「わざとやってます」感が冴えわたり
みおな&みりあにもそれが伝染したかのような、必殺の爆笑回となっていました。
驚きの早々の2nd『乃木坂46時間TV』の配信も遠からぬ6/10に迫る今、
2期生とのコラボ企画を待望していることを方々で公言しているだけのことはある飛鳥さんと
2期生メンバーの相互作用の強力さを物語る、この第158回のレヴューをみっちりといっときませう。



イントロ・トークからもう傑作回を予告する高テンポの丁々発止が連発。
番組冒頭の恒例「のぎー」&名乗りの挨拶を受けて
初っ端からあしゅ&みりあに「2人とも眠いですか?」「なんか 声に張りがないというか」と
なかなかの好ジャブを積極的に放っていくみおな。
対して、第154回の伊藤万理華との2人喋り回で1年以上も呼ばれなかったと愚痴をたくさん言ったら
「みりあ・みおなっていう 家族のように仲のいい2人にぽんと放り込まれてww」と
何かプログレッシヴなメタ視点の含み笑いをもこめたようなあしゅ。
「でも 飛鳥ちゃんも飛鳥ちゃんで ほら 想い出があるじゃない?」と
在りし日の「ほうれん草コンビ」の話に水を向けるみりあ。
みりあたんの「飛鳥ちゃん」呼びは初めて聞いた気がしますね。
そして早々と、みおなのイジり大作戦が炸裂、あの飛鳥さんにいかなる蛮勇か! —
「でもそんな飛鳥さんは いろいろあり過ぎて ブログに なんか書き切れてないというか
 ブログをあんまり書いてらっしゃらないということを お聞きしまして
 たとえばぁ いろいろって何だろう、って思って —」
飛鳥「言うねぇw 何だろう? そうだね でもね
   ブログを 正直 最近は月1回とか月2回しか書いてなくて
   そうなるともうすごい量を書かなきゃいけなくなっちゃうの
   もう 日々いろんなことをさせて頂いてるじゃないですか
   こういうイヴェントがありましたこういう撮影がありました、って書いてくと
   もう キリがないのよ だからもうシンプルにいこうと思ってぇ ンフフフフフ」
未央奈「思ってぇ?—」
飛鳥「w 思ってぇ 書くと ちょっと まあ ちょっと短かったり 内容がなかったり するわけですよ
   ンフフフ うん... まあ しょうがないよ?」
未央奈「そっか まあ モデルさんですし お忙しいのでね? やっぱり —」
飛鳥「急にちょっとイジってんのやめてよw」
未央奈「ちょ イジりたくて イジるの好きでけっこう いつもイジられキャラだから」
飛鳥「うん MCだもんね 今回は —」
未央奈「そう 今回はMCって立場を利用して イジってこうって思ってて」
ここはもう、3人ともにククク、ンフフ、イシシと息を殺した笑いを随所で洩らしっぱなしで
腹筋痙攣性の増幅される堪え笑いがリスナーにも伝染してくる神がかったシークエンスでした。
そして、3周年を祝っての「2期生会」の話題へ。
席をくじ引きで決めようとなり、お見合いか合コンのようで
2期生同士なのに何かウキウキ&気恥ずかしかった、と興味深い話でした。
受けてさすがの飛鳥さん、
「いいね なんか面白い 観たい!なんか 2期生だけの 番組とかやって コーナーとかやってほしい
 なんか テレビで 面白そう」
と、2期生企画への後押し援護射撃アピールを怠らないのでした。



続いて「齋藤飛鳥へのガチ・アンケート」でも
あしゅの「わざとやってます」感と2人への伝染がますます猛威を揮います。
3問め「写真映りが個人的に好きなメンバーは?」の質問に答えて —
飛鳥「好き? 山﨑怜奈」
みり愛「ァハハッ」
未央奈「えー 『写真映りが個人的に好きなメンバー』が 山﨑怜奈なのはなぜですか?」
みり愛「ゥフッ ィヒッ」
未央奈「こらっ 笑わないの! 離しなさい!」
飛鳥「えーと そうだなー あのー 山﨑怜奈ちゃんは ちょっと前にブログで
   『自撮り写真集』っていう... 自分でね —」
未央奈「粋な ね」
飛鳥「そうそう」
みり愛「『粋な』っ?w」
未央奈「粋なアイディアをね」
飛鳥「そう 自分で考えて こう 自撮りを いろんな自分のね 写真を載せるっていう写真集を
   ブログでね やって...いらして それがすごく いい考えだなぁって思って —」
未央奈「この3人 ね 同じ意見だと思います」
コワーい!
これはもうイジメですね、だよねぇ、そうだよねぇ、オレだけが気付いたんじゃないよねぇ、
アンチのみなさん?
などという冗談は措いといて —
れなち(山﨑怜奈)にはある意味気の毒ながら、
敏腕プロデューサー:川後P(川後陽菜)のかつての
ひなちま(樋口日奈)への「髪型変えたほうがいいよ」発言や
じゅんな(伊藤純奈)への恒例毒舌ニックネーム「猫かぶり」を想い起こせば
そこにれなちさんの「ハネ」への脱却のヒントが潜んでいないとも限りません。
いずれにせよみり愛たんの放送後直近4/13のブログ:
待つって言葉 | 乃木坂46 渡辺みり愛 公式ブログ では
れなちとジャレ合う2ショットと交遊お出かけ情報もあることから
手ぐすねを引くアンチのみなさんには心配ご無用と言ってあげたいですね。
れなち自身も「いじられキャラ」であるのは嫌いじゃないと以前に言ってますし。  ※1
ちなみに、川後P曰く「見せかけロリ」のみりあが
年相応(高校2年生)かつ普段の自分そのまんまのはしゃぎっぷりを見せるのを
ボクは初めてここで見た(聴いた)気がしました。



飛鳥さん、もしくは琴子ちゃん(佐々木琴子)よろしく丸1ヶ月ぶりの更新となったこのブログですが、
第158回のこの放送、この後も「モホロビチッチ」、「ふつおた」、エンディング・トーク、と
採りあげるべきおもしろポイントが満載なので
いつものようにまた次回、となるのも... まあ しょうがないよ?
余裕ぶっこくことなく1週間内には続きをあげますのでお楽しみに。



※1 一例までに
バレた。104 | 乃木坂46 山﨑怜奈 公式ブログ より
「前回の乃木中にて、
 『いじられキャラ』だということが
 地上波で世間にバレました」
「でもいじられるのは何だかんだで
 嬉しいので、まぁいいかー!」








  

  プライバシー ポリシー

コメントの投稿

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
『生ドル』第25回2期生スペシャルに見る中田花奈の無償の愛 (15/06/15)
理知とぽんこつが瞬間瞬間に交錯する、『生ドル』で見せた2期生の武の器 (15/06/02)
愛し愛されて生きることのアート — かなりんの深謀遠慮と知的反射神経 (15/05/11)
愛し愛されて生きることのアート — 『生ドル』第25回に見るかなりんの神算鬼謀 (15/05/02)
2期生全員ではじめてのおつかいがもどかしくも愛おしいこと必至の『生ドル』第25回 (15/04/25)
あーちゃんはまだ2回も変身を残している — 赤ちゃん&お嬢さまな鈴木絢音 (15/04/18)
いつか世界を塗り替えるために — 優しさあれ、となーちゃん&まいまいは寡黙に祈る (15/04/14)
空から降る一億の愛、その誘惑をことわって (15/03/25)
愛に飢えてたら愛すればいいさ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/25)
愛されるよりも愛したいマジで — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/22)
憧れから対等の関係へ — そして飛鳥の奈々未愛はつのる (15/02/15)
ビームしておくれ、2次元へ、とさゆりんは言うか? — 天然とリアルのはざまで (15/02/06)
ひとときの神々の黄昏 — せんばつは ちからをためている (15/01/30)
愛を乞う人から振りまく人へ — 鳳雛から鳳凰へ、静かに大きく羽ばたく飛鳥 (15/01/01)
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編) (14/12/22)
嵐を起こしてすべてを壊すの — 天下を笑わせ飼い馴らす佐々木琴子の愛の嵐 (14/12/02)
嵐を起こしてすべてを壊すの — まっさらの天下を打ち立てる佐々木琴子の天然の武 (14/11/24)
そんなことしか言えなくても — 伝説の京花に捧げる伝道の書 (14/11/10)
天然の皮をかぶった技巧派 — さゆりんの計り知れないお笑い戦術 (14/10/29)
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)