偶然を運命にして — 今、語りたいななみんといくちゃんがいる

韓遂のじじいは ひとつだけいい事を言ったッ!
貴様は錦だ 馬超!!
美しく義憤を貫けい!!    (馬玩)
— 『蒼天航路』 その三百十七 より



乃木坂46の15th表題曲「裸足でSummer」MVの見どころといえば
各誌カメラマンもこぞって寝顔(のてい)ショットを撮りたがる
ぷっくりほっぺのあしゅ(齋藤飛鳥)の赤ちゃん系美少女っぷりを如実に示すシーンの数々と、
マイクロバス内でななみん(橋本奈々未)に絡むいくちゃん(生田絵梨花)とそれを喜ぶななみん、
が双璧だったと言えるでしょう。
ここでは、来たる9月4日24時(5日未明)の第70回『乃木坂工事中』での
「橋本奈々未に聞かせたい 乃木坂不幸話グランプリ!」へのアペリティフの意味も兼ねて
エントリ66に続くシリーズ第2弾として
表立ってはまだそれほど知られざる、いくななみんのおもろさを
『橋本奈々未の「推しどこ?」』の副音声トーク1を例に、改めて詳解しておきましょう。





「推しトーク② #89」は、言わずと知れた第89回:
「子供たちの悩みに答えよう 乃木坂こども相談室!」の未公開シーン含めた最強最凶チャプター。
まだ観たことがないという方には
地獄先生ななみん
地獄先生ななみん その2
を参照していただくことにして、
ここではいくちゃん&ななみんの時にズレ合い、時に響き合う
ナンセンス&スピリチュアル・コミュニケーションの武に焦点をあてます。

番組イントロから未公開シーン、発売を間近に控えていた6thに関して
設楽氏「もう あれでしょ 6枚目のシングル え〜『爆笑トーク』?」
これに対して副音声でのななみんはなぜか大喜び。
橋本「爆笑トーク 似てる! ははっ はははは」
生田「全然似てないよぉ」
橋本「うそ はは はっははは ちょっと似てる」
(2秒ほど間 再び思い出したように)
「ぅっはははは 新曲『爆笑トーク』 ぅっくく」
ななみんはどうやら
ガールズルール < ガールズ・トーク < 爆笑トーク
みたいな連想込みでか、なぜか妙にツボにはまってるらしいのですが
いくちゃんのたしなめるような口調がなんだか姉妹じみてて素敵です。
"自分たちの大事なレパートリーが「爆笑トーク」だなんて。そんなワケないでしょ!"
とばかりに、ツボのおかしなおふざけ屋さんをたしなめる妹ちゃん、もしくはお姉さんのようでした。

4人目の先生:れかたん(桜井玲香)の授業シーンでのトークに白眉がひとつ。
こうきくん「なんで人間はウソをつくんですか?」
この言葉に瞬時にいくちゃんが反応し、被せるように
生田「なんで人間はウソつくんだろうねぇ? なんでだと思う、ななみん?」
橋本「ウソぉ? ...自分が可愛いんじゃないですか やっぱり 自分を守りたいんじゃない? やっぱり」
生田「(不分明)...え〜 自分を守りたいんだよねぇ たぶんねぇ...」
何か自分の中の割り切れない想いをしぶしぶ納得させようとするかのように呟くいくちゃん。
これに何かがツボったらしく、ななみんが激しく嬉しそうに反応します。
橋本「ぅっはっはっは 思う?そう思う? いくちゃんはどう思う?」
生田「思う... 思うけど ウソついたら絶対 いずれバレるから つかないに越したことはないよね」
橋本「まあね 『本当』にできる自信があるウソしかついちゃダメだよね」
生田「ウソつくくらいだったら もう認めて 謝ったりとか もう正直に話したほうがいいと思う」
橋本「あぁ〜ん...」
実にポップでシュールでプログレッシヴでリアルでキュンキュンくる名シークエンスです。
温室天然育ちの完全無欠お嬢さま:いくちゃんが
何やら人間と人間社会の理想と現実、建前と現実の乖離に触れて思うところあってか
いつになくモヤモヤっとした呟きを見せるのに反応して
乃木坂心理分析班室長:ななみんがお姉さん調で話を聞いているのが窺えます。
心奥に正義の武装ゴリラ軍団を宿すいくちゃんの、いたいけな心の揺れも垣間見える興味深さでした。

放送でも大トリを飾った、伝説の橋本奈々未先生の授業。
いくちゃんは「お ここはいいよぉ いい感じだよ」と「コワい いきなりコワいよぉ!」との間で
順・逆ともにの高リアクションを連発させます。
定評ある「鼻からスイカ」の段では「いいよ いいよ 今いい感じだよ よく聞くよ」と
ななみんと同系列のぶっ飛びキャラクターらしく当り前のように同感・共感ベースです。
が、もちろん「3人とか産む人は3回!」の際には
「コワいよ これただの おびや... なんか 脅しみたいになっちゃってるw」と大喜び。
次の質問に移る合間には「ななみん ほんと... 小さい子好き?」とダメ押し質問さえしています。

「何で涙は出るの?」の段では
"嫌な感情を涙とともに排出" というななみんのアナロジー解説をいたくお気に入りのエリカ様。
一転、「これからたくさん 待ってるよ」では「コワいよぉ コワいよぉ」と大喜び。
「仲良くなれてるかな?」「(し〜ん。)」のこどもたちの反応を受けて
生田「え?何これ〜? え でも こどもってさぁ この雰囲気とかで こんなに こう 変わるんだね
   接し方とかさ 反応とかが  やっぱ敏感なんだと思う」
と、ショウビズ視点からか、真剣に分析しておられました。

放送上でもこの副音声トークでも、白眉はやはり「地獄は本当にある?」のシークエンス。
「もしかしたら 今生きてるこの世界が 地獄かもしれないし」のキラー・フレーズを受け —
生田「え〜〜っ!?」
橋本「ほんとにそう考えてたの 昔からずっと」
生田「ほぉんとに? えぇ? だってここが地獄だったら じゃあ天国は何なの?」
橋本「天国は もうほんとに 天国で 
   地獄は もう こう 人間って汚いじゃん 感情とかさぁ 醜いしどろもどろがあるじゃん
   それに対して もう 一生かけてつきあっていくってことが 地獄なのかなって
   人間の醜い感情とか そういうもの... 知って学ぶ...」
生田「へぇ〜〜〜〜〜〜 ...深いね」

授業終わってななみんスタジオ再登場の未公開シーンをバックに。
設楽氏の「『死んだらどうなるんですか』って究極のケース来たね」の言を受け —
生田「でもぉ あたしも結構 ちっちゃい時考えてたよ
   小学生の時のほうが 考えて 夜寝る前にどうしても考えちゃう」
橋本「分かるぅ」
生田「で 泣いてた 毎回」
橋本「あぁっ 死が怖くて?」
生田「そう」
橋本「あっはっははは」
生田「まだ人生長いのに」
橋本「死から遠いところにいる人がなぜか考えるよね」  
生田「考えるね すごい考える...」

生命力とポジティヴィティと希望の象徴に見える無敵の大天使:いくちゃんと
「魔界からの使者」にして実存哲学者:ななみんの
"乃木坂おもて仕事" においてはなかなか見られることの少ないソウルとスピリットの交感が
さらっとポップにながらもしっかりディープに表れたこのコンテンツは
いくななみんの代表的プロダクトとして、ボクには
『乃木坂46の1stライブDVDを乃木坂メンバーと一緒に観よう! 第5部』
と並んで、今でも貴重な財産です。
カジュアルで笑えるやりとりの内に哲学的・社会的イシューをも扱える、
そしてそれを先鋭的ポップとして提示できるこのカップリングの武はもっと評価されるべきでしょう。



まだまだ身重く横たわる奇っ怪至極な運営方針のミクロ/マクロからか
ファンにしてみれば「なぜそれを見せる?そしてなぜあれを見せない?」というプロダクトも否めない
乃木坂46のまだまだこれからの現状。
フリーキーでプログレッシヴで「一般世間」をも笑わせ瞠目させる橋本奈々未の武の真髄が
久々にまた看板TV番組でフル・スロットルで披露されるのを楽しみに、現場からさようならっ!









  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村


  プライバシー ポリシー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)
プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品





スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
QRコード
QR