聖母たちのスキズマトリックス — 乃木坂ちゃんの愛の才能


劉備 「しかもただ入ってるだけじゃねえ
    奴らの心がこの嚢(ふくろ)の中でたぎってやがんのさ
    劉備!おまえはまだ何者でもない
    まだだ 劉備! まだまだこれからだ!
    ってな
    この中の奴らみんなが雄叫びをあげておいらを生かそうとしてやがんだよ」
   「たぶんこの嚢だ
    生まれた時にゃなんにも入っちゃいなかったが
    だが なぜかこいつは童(がき)のころからおいらの拠り所だった」
諸葛亮「天下の器 というものですね」
— 『蒼天航路』 その二百三十四 より



導かれたんだよね、運命だったと思うとしか言いようのない何らかのシンクロニシティの為せる業か、
図らずもの前エントリから2週間後、東京体育館アンダーライブ2日め
琴子(佐々木琴子)の言説アイドルとしての大器が久々に坂道界に大波を巻き起こした由、
在宅ながらササキストとして感激に堪えません。
その概要はもう十分に各種芸能ニュース・サイトにても紹介されているため
ここでは、ボクが観たツイッターでの1.5次情報の優良ポスト:
ツチメン⊿乃木中毒さんのツイート
へのリンクを示すに留めましょう。



一方で
「乃木坂アンチは実はどこよりも自称乃木坂ファン内から生まれている」という法則から鑑みれば
「なぜ琴子だけがそんなに」「やる気をみせるだけで褒められるなんて得だな」みたいな
最初からアンチ心ありきの無根拠な中傷が吹き上がることも予想されます。
そうした哀れな自称ファンのアンチのみなさんによれば
「自分の推しメンの仮想ライヴァルを叩けば、その推しメンが上がるのに役立つ」らしいのですね。
「ファンをやってるよりアンチをやってるほうが楽で、効果も上がって自意識も満たせて楽しい」
という暗黒面に堕ちてしまう人をこれ以上増やさないためにも
ここでは、乃木坂ちゃんたちの愛の才能を、無償の愛の表れを
直近のコンテンツを振り返ってつらつらと思いつくまま採りあげてみましょう。



もう3年近くも遡る2014年9月には既に
琴子の「溢れ出すあの大物感 ※1」に注目し推しメンと公言していたちーちゃん(斎藤ちはる)は、
'17年2月3日公開の『のぎ天2』第17回「ちょっとテンションの上がる休日」の猫カフェお喋りシーンの
「自分以外のメンバーにアドバイスするとしたら?」というテーマ・トークで
かりんちゃん(伊藤かりん)純奈(伊藤純奈)と共に
"もっと脚とか出したら?" という線で、柔らかくも熱い言を琴子に贈ります。
純奈「(好き嫌いが多い琴子、を受けて)そういう人って太んないよね」
かりん「脚きれいだもんね この人ね」
ちはる「脚もっと出せばいいのに そう!(急にピンと来たように)」
   「せっかくスタイルもいいし 髪の毛もきれいだし 顔もきれいだから
    もっとおしゃれして 脚とか出したほうが絶対いいと思う」
純奈「確かに」
琴子「いや〜... なんか う〜〜〜ん... あははははは」
かりん「wとりあえず聞いとくよ ってw」
   「でも 脚出すのそんな嫌がんないよね?」
琴子「脚は ふと... あの お尻出すと言われるとヤだけど —」
かりん「お尻は言われない だいじょぶ」
一同笑
確かにさすがにお尻を出せとは「運営」だっていくらなんでも言いはしないでしょうが
この場の3人は
琴子がそういった「何がなんでも」型の「釣り」「売り」の形を好みはしないだろうという視点を
心の奥で共有しつつも「それにしてももったいないんだよな〜」という親心から
「脚出すくらいは大丈夫、だよね?それとも嫌なのカナ?やっぱり恥ずかしい?」と
それとなく何気なく、遠回りの愛情から確認してみてるわけですね。










※1 過去エントリ参照
ヲタ枠からの腕利きP ー 伊藤かりんの愛と献身(予告編)







  にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
           にほんブログ村


  プライバシー ポリシー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

乃木坂46関連過去記事
驚くほどこども、驚くほど大人 — 佐々木琴子の理知と情 (14/10/10)
いつか世界を塗り替えるために — 乃木坂お絵描キストは理想郷の夢を見るか (14/09/17)
メンバーにはひたすらの「ありがとう」と「楽しかった」と「がんばって」を、そして「謝らないで」を (14/09/12)
コトコ・コトコ・コトコ!汝、奇襲に遭遇せしや? (14/09/04)
乃木坂派みんなでポジティブポジティブ〜! (14/08/29)
あの日観た『生ドル』の狂躁を君達はまだ知らない (14/08/22)
音がした 未来に思いを巡らせた後 奥深い所でどしりと落ち着く重い音 橋本奈々未の器の音 (14/08/17)
音がした 乃木坂ちゃんの器の音 (14/08/07)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その2:かなりん編 (14/07/27)
この第2波の強さ これが乃木坂の軍かッ!、とEテレから天下がどよめく (14/07/17)
歌の話者としての存在感を増すまいまいに雄飛の時迫る (14/07/10)
こうして「君の名は希望」に次ぐ必殺の乃木坂ソングが生まれた (14/07/09)
乃木坂の叙情性を体現するムーヴィージェニック:なーちゃんとわか、激しく勇躍す (14/07/06)
最悪の「出」はいつまで (14/07/04)
たおやかな震える手で — まいまいのタフな優しさ (14/06/30)
生駒ちゃんの知らない生駒ちゃんの武器(14/06/21)
のっそり構えて突然に — 佐々木琴子の冷静と情熱のあいだ(14/06/16)
軽やかな自在のリテラシー — 佐々木琴子のおしゃまな知性(14/06/05)
無意識を言い訳にして — いくちゃんとななみんのもたらす理知とナンセンス論理の笑い(14/05/31)
飛ぶ鳥と書いて飛鳥、暴風雨を衝いて飛翔す(14/05/22)
運営は退いた、乃木坂派は勝った(14/05/14)
手を伸ばすことそれ自体の希望と美 — 思春期の表象としてのワカツキ(14/05/01)
「ナナミさん、辞めないでよ(ミサト風に)」と言えるとしたら (14/04/25)
運営よ、戦いは心胆にあるぞ(14/04/18)
浸食しに、と彼女たちは言う — 乃木坂植民地『生ドル』(14/04/13)
置き忘れられるロジック — エンジンなしの暴走機関車:かずみん(14/04/07)
生まれ育ったままで — さよならアキモティクス、と言えるその日まで その2(14/04/01)
みなさんが察していないであろうあしゅ(14/03/22)
強く儚いななみん(14/03/17)
ようつべの一角で「オラに元気を分けてくれ」を叫んだ乃木坂(14/03/11)
冬月流に「勝ったな」、と「気づいたら片想い」MVを観た乃木坂ファンは誰しも呟く(14/03/08)
「チームよねすけ」は幻と消えた — 佐々木琴子の不思議なこだわり(14/02/28)
何かを手放して そして手にいれる そんな繰り返しカナ? — 乃木坂組はヤワじゃねえ その1(14/02/25)
さよならアキモティクス、と言えるその日まで その1(14/02/24)
本人の美意識、他人の美意識、真の美への美意識(14/02/22)
導かれたんだよね、運命だったと思う、と乃木坂ちゃんは言った その1(14/02/16)
なーちゃんセンターに心臓を捧げよ、と生駒ちゃんは言った(14/02/13)
いえ、浸食してるんだわ — 少女世界からの剣、聖なる侵入(14/02/07)
鉄壁を目指した擦り合わせで別物に生まれ変わった『NOGIBINGO!2』(14/02/05)
上がった下がったなんでなんよーという乃木坂ファンの方々へ — ダブル5トップの可能性(14/01/30)
福神なんて飾りです。疎い人にはそれがわからんのですよ(14/01/27)
ライト・ヒア、ライト・ナウ、とゆったんは言った(14/01/25)
苦しく切ないことだらけの思春期の表象としてのワカツキ(14/01/18)
じっくり琴子を煮込んで女優(14/01/13)
ジェネラル・クールの凱旋 — 橋本奈々未、「バレッタ」で覚醒す(14/01/11)
地獄先生ななみん その2(14/01/03)
ちょっと遅れのクリスマス・プレゼント2本、フロム乃木坂(13/12/17)
地獄先生ななみん(13/12/13)
自分を捨てずただ乃木坂に身命を置いた奈々未先生の美はべらぼうに強く清らかだ!(13/12/04)
乃木坂46応援ブログ宣言に代えて(13/11/23)
プロフィール

Author:jeunesfilles
それこそ10才から50才くらいまでも。
あらゆるアイドル的存在を崇める男です。
Twitterでは@jeunesfillescom

注目作品





スポンサード リンク


カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
QRコード
QR